YouCanSpeakα

当サイトで解説してきましたように、英語が聞こえない原因は、

1.英語の内容理解が無意識的に出来ないため、内容理解に集中してしまって英語の音を聞き洩らしてしまう。

2.英語の発音や音変化などを聞き分けられていない

のどちらかに分かれます。

もしあなたが1は出来ているというのなら、あとは2の部分を集中的に行う必要があります。

そのためには、英語の発音をとことんまでにしっかり覚える必要があるでしょう。これも、ただ理解した、ではなく、無意識に英語の発音を聞き分けられるくらいまで英語の発音を練習する必要があります。

英語の発音は日本語の「あいうえお」とは全く違う音です。さらに、日本語とは違い、つづりと発音が一致していません。

だから、発音を聞いて、それぞれの音がどの発音になるのかが完璧に分かるくらいまで発音をしっかりマスターする事が英語を聞き分ける耳を身につける最短ルートです。

さらに、発音だけではなく、省エネ発音と言われる主にネイティブの会話に現れる音変化も聞き分けられなければいけません。

実は、英語の音変化をきちんと聞き分けられないと、ネイティブが話す英語をきっちり聞き分けることは難しいのですが、発音の教材以上にこのような英語の音変化を練習できる教材はすくないのです。

そこで、英語の発音練習をとことんまで出来る教材であるうえに、省エネ発音などの英語の音変化まで併せてきちんと学べる教材が、このYouCanSpeakαという教材なのです。

まず、発音についてですが、ただ、それぞれの発音を漫然と学ぶわけではありません。そういった教材であれば書店にいくらでも売っています。

この教材は、日本人が苦手な発音や日本語には無い音を重点的に、しかも聞き分けをしながら学ぶことができるのです。

例えば、layとrayのようにLとRの発音は日本人にとって最も難しいですが、これらの単語の聞き分けをしつこいくらいにしっかりと練習できるのです。

また、発音を聞き分ける以上に自分で正しい発音をすることは難しいのです。

自分で正しい発音を作り出すことができれば、聞きとることも当然出来るようになるのですが、正しい発音を「する」こと自体は「聞きとる」ことよりもはるかに大変なのです。

しかし、この教材では発音を「する」ためのシステムもついています。自分の発音をネイティブに聞いてもらって、それをチェックしてもらうこともできるのです。

自己採点でのチェックと併せて、発音の間違いを徹底的に潰して、ネイティブと同じような正しい発音を身につけます。

さらに、前述したような省エネ発音の聞き取り練習や文単位での聞きとり練習、発音練習も教材には入っています。

日本人が苦手としている部分、日本人が英語が聞き取れない最大の原因となっている部分を集中的に潰して、英語を聞き取ることができるようになる画期的な教材だと思います。

しかも、この手の学習は正直「つまらない」し、すぐに「飽き」が来るのですが、この教材はゲーム感覚で楽しめるため、継続性という観点からもオススメ出来ます。

ちなみに、教材のサイトでは上記の「似た発音を聞き取る練習」のデモを行うことができます。登録一切不要でweb上でLとRの発音の聞き取り練習ができるので、ぜひやってみてください。これだけでもLとRの聞きとりがかなり出来るようになると思います。

<デメリット>

英語を聞き取るための基礎力をしっかりつける。英語の音韻体系を手続き記憶化させ、音韻聞きとりを無意識レベルで出来るようになる。そのための発音練習には非常に良い教材です。

しかし、デメリットとしては、これはあくまで発音学習のための教材であり、英語理解力を鍛える教材ではないということです。

英語を習得するために最も注力することは、このサイトでも色々なところで言っていますが、英語の言語基礎知識の手続き記憶化であり、そのために適切な教材で音読やシャドーイングをすることです。

ところが、この教材には英語の理解力を上げるコンテンツはありません。まあ、発音の教材だから当たり前ですが・・・。

もしあなたが英語の文章理解がまだ出来ていないのであるならば、市販の発音教本で発音を一通り練習した後で、スピードラーニングなどの教材を買って、とことん音読とシャドーイングの練習をすることを進めます。

TOEICレベルの英語文ならば、日本語と同じくらいのスピードで音読出来て理解できるのであれば、英語理解力は十分でしょうが、そのレベルまで行っていない人はまずはそっちをやるべきでしょう。

そのレベルまで行っていない人は、この教材は買ってはいけません。

そういう人は、この教材を買うお金で英語理解力を鍛えるための教材に投資しましょう。

でも、英語の文章理解力がしっかりあり、英語の言語知識体系を手続き記憶化出来ている人で、なおかつ、ネイティブのナチュラル英語が聞き取りにくい、という人ならば、この教材はオススメです。

この教材でしっかり発音を練習し、海外ドラマなどでシャドーイングの練習をすれば、間違いなく聞きとりは出来るようになります。

<結論>

この教材は英語の発音をしっかり身につけたり、英語の音変化をきちんと聞き分けるトレーニングをするためには、本当に良い教材です。

発音などについてはこの教材だけで十分以上に練習ができます。

だから、英語の音をしっかり聞きとれるようになりたいとか、ネイティブと同じような発音でしゃべりたい、日本語なまりは嫌だ!

という人には非常に良い教材だと言えるでしょう。

しかしながら、もしあなたが英語の理解力を十分に高めていないのならば、まずはそちらをやるべきです。

そちらをやらずして英語の聞き取りだけをやるというのは、順番が逆です。いたずらに時間ばかりがかかってしまい、労多くして功少なしという結果になってしまいます。

だから、この教材は「英語の理解は十分に出来るのに、ネイティブの英語の聞きとりがイマイチ苦手なんだよな」

という人にオススメの教材と言えます。

なお、教材のサイトでは、「無料お試し」としてLとRの聞き分け練習ができます。登録とかも一切ないですし、とても役に立つので、ぜひ試してみてください。

もっと詳しい情報が知りたい方、無料お試しをやってみたい方はYouCanSpeakαのサイトへ
YouCanSpeakα


戻る

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。