スピードラーニング解説

この世の中には本当に様々な英語教材があって、何とかメソッドとか、なんとかプログラムとかで数週間で英語ができるような、そんな魔法のような効果を宣伝している教材がたくさんあります。

脳に直接英語を覚えこませるメソッドとか、リスニング力が飛躍的に上がる音源だとか・・・。

しかし、そんな教材に比べ、スピードラーニングには魔法のような仕掛けはありません。あるのはスクリプトと音源のCDだけです。

では、なぜそんな教材が一押しなのか?それは、英語を覚えるには、英語文を読み、リスニングCDをしっかり聞いて学習するという方法以外で英語を習得する方法が無いからです。

そして、そのような「読んで聞く」という学習に最も最適な英語教材がスピードラーニングなのです。

このサイトでも再三解説してきましたが、英語を習得するには、基礎的なスクリプト(英語文)を繰り返し繰り返しインプットするしかありません。

そうする事により英語の基礎体系が手続き記憶化されて、日本語と同じように無意識に英語を理解できるようになるのです。

そして、そのためには、タイピングや携帯のキー入力同様何度も何度も繰り返し英語の基礎的な文を音読したりシャドーイングしたりするしかないのです。

さて、しかしながら、音読やシャドーイングをするにしても、何でもかんでも英語を学習すればいいわけではありませんでしたね。

英語のレベルがほどくよく簡単で、かつ英語の基礎知識としての単語や文法、言い回し、等々が漏れなく全て効率よく学べる英語で学習する必要があるのでしたね。

そういった意味では、スピードラーニングのスクリプト(英語文)は非常に素晴らしいです。難易度的には、英語をほとんど覚えていない人でも手軽に挑戦できるレベルで、しかしながら大切な文法や単語、言語ルール等はしっかりスクリプトの中に含まれています。

教材によっては最初から難しすぎたり、逆に簡単なものが延々と続くようなものがありますが、スピードラーニングは本当にそのようなところがしっかり考えられていて、初級者からでも出来るのに、中級者以上でも学べるところが存分にある、そんなスクリプトです。

とにかく、何で英語を勉強して良いかわからない人、特に英語初心者の人は間違いないので、これを買いなさいと、自信を持ってオススメできます。

また、スピードラーニングの良いところは、スクリプトのトピックも日常会話に即したものになっているので、使い勝手もいいし、物語調になっているので飽きずに学習を続けられると思います。

もともとが、何度も耳だけで聞いて学習するための教材なので、そのような「飽きさせない」努力も教材には見て取れます。

また、ハードな教材にありがちな、「とにかくたくさん量をこなしましょう」的な大変さもないですし、隙間時間でも英語を学習できるのも、継続性といった観点からもとても良いです。

このスピードラーニングには、他の教材にはあまりない仕組みがあります。というのも、教材を買った人には、無料で英語講師のレッスンを受けられる権利が与えられます。

ひたすらインプットだけを行っていては、やはり自分がどの程度英語ができるようになったのかも心配になるものです。

でも、こういった無料レッスンがあれば、それが気軽に確認できます。さらに、こうした定期的なレッスンを受けられることは、モチベーションの維持にもつながります。

次のレッスンまでにはもっと英語ができるようになってやろう!というような。

また、こちらは有料になりますが、スピードラーニングが運営している英会話喫茶に参加できたり、国内留学などのユニークなプログラムに参加する事もできます。

このようなプログラムを通じて、スピードラーニングで一緒に学ぶ同士と出会うというのもモチベーションアップにつながりそうですね。

最後に、この教材の本当に素晴らしいところは、いつでも解約可能なところです。ほとんど全ての英語教材は、最初に一括してお金を払わせるところがほとんどです。

しかし、スピードラーニングは毎月ごとの支払いを選べ、いつでも好きな時にやめることもできます。

もちろんやめること前提で教材を始めるのは良くないですが、急に仕事が忙しくなったとか、病気やけが、その他の理由で英語を継続できなくなってしまうことがあるかもしれません。

そういう時でも、受講の停止をできるというのは、とても安心な仕組みです。

逆に言うと、こういった仕組みを提供しているのは、それだけ教材に自信があるからです。だって、自信が無ければ一括で買わせた方が絶対に会社にとってはいいでしょ?

にもかかわらず、こういった「いつでも退会OK」という制度を取っているということは、「不満ならいつでもやめて結構ですよ!でもわたしたちは教材に絶対の自信を持っていますよ!」ということです。

実際この教材は非常に支持されているので、英語以外の様々なバージョンが出ています。よくない教材では、このような多言語展開はまず出来ないでしょう。

<デメリット>

このように非常に素晴らしい教材ではありますが、短所もあります。まあ、これは私が思う短所ですが。

スピードラーニングの教育メソッドは文法を学ばずに英語をチャンクで捉えるというものです。

私たちも日本語を学ぶときに文法を学んでないんだから、文法なんて学ぶ必要が無いという、いわゆる文法不要論ですね。

私自身は、文法はあったほうがいいんじゃないか論者です。なぜなら、スペイン語を学ぶときに文法を学んだほうが、学習初期はスムーズに言語を吸収できたからです。

ただ、文法不要の学習で英語を習得した人もたくさんいますし、文法が絶対的に必要ということは無いので、むしろ文法なんていらないからさっさと英語ができるようになりたいという人は、この教材は向いています。

また、これは当サイトでも度々解説していますが、文法や英語の言語規則を全く使わなくても英語ができるかというと、そんなことはありません。

このスピードラーニングも、そこは否定していません。要は文法学として勉強しなくても、自然な文章の中で言語ルールとして吸収していけるように教材を作っているのです。

ただ、文章を聞いて学習するだけで、英語の言語ルールを身につけられるような教材になっているのです。

さて、話を元に戻しますが、とにかくそういった理由から、スピードラーニングの中には文法解説というものはでてきません。

だから、受験勉強でどうしても文法問題がある人や文法から入らないと英語が頭に入ってこないという人には不向きかもしれません。

まあ、受験の場合は純粋な文法問題の対応には別途配点は文法の問題集でも十分対応できるので、この教材で英語の基礎力をつけるという点では十分に有用でしょう。

特に、長文読解の配点が高い難関大学受験には、この教材で学ぶ基礎力は十分に役立ちます。

さて、とはいえ、文法重視派の人、試験問題対策をメインで考えている人は、ヒアリングマラソンやスーパーエルマーの方が良いと思います。

<結論>

私が今まで見てきたあらゆる教材の中で、このスピードラーニングは間違いなくトップクラスの教材です。

特に、慎重にスクリプトを見れば、その素晴らしさは理解していただけると思います。非常に効率的に重要表現等を配置し、しっかり効率的に英語を習得できるようになっています。

もし、あなたが迷われているのでしたら、無料お試し制度もあるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ただ、その場合は、腹を決めるまでは本編を開封しないように注意してくださいね。返品できなくなってしまいます。まずは無料お試しCDを聞いて、じっくり吟味してください。

もっと詳細が知りたい方はスピードラーニングのサイトを確認してください。

スピードラーニング


戻る

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。