まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 037

今回も前回同様サンディーとキルスティンの会話からです。

以下のセリフで、Sはサンディー、Kはキルスティンです。

S: There is whole world outside this Newport Beach bubble.
K: You don’t seem to mind living in this bubble.

このニューポートバブルの外には、全ての現実世界があるんだ。
あなたはそのバブルの中に住むことを特に気にしていないみたいね。

まず、1行目から、bubbleはバブル景気のバブルです。単なる泡という意味ではないですね。別にニューポートにバブルが起こっているわけではないと思いますが、ここではほかの地域とは別世界の、金持ちばっかりが住んでいる特殊なニューポートの現状を指してbubbleと表現しているみたいですね。bubbleには実体のない計画とか、実現性のない計画とかそういった意味もあり、そういった意味も含めてみるとよりニュアンスがわかりやすいですね。

ここでは、there isが一番初めに出てきますね。There isは多くの人が、I haveと同じで、教科書の一番最初に出てきた項目だと思いますが、このような使い方もあります。

つまり、ニューポートの外にこそ全ての世界があるということをThere isを使って表しています。逆に言うと、このニューポートバブルの中には全ての世界がない、一部の金持ちだけの世界しかないということを言っているのですね。

次に2行目です。seemという単語も非常によく出てきます。意味としては、○○に見えるという意味ですね。lookに似ていますね。このseemですが、いくつか例文を書いてみます。

It seems like you don’t like me. これは、seems likeの後にthat節が続いて、あなたは私を好きでないようにだ(好きでないように見える)という意味になります。

次に、You don’t seem to like me. これは、不定詞が続く形ですが、意味は上と同じ、あなたは私を好きではないようだ。という意味です。傾向としては、seemに続く文章が短い場合は下のように、長い場合はitを使った上のような文章になるような気がします。まあ、どちらでも間違いということは無いですが。

さて、今回の文章はseemに不定詞が続く、下の文章の例ですね。では、不定詞に続く分を見てみると、不定詞+動名詞になっていますね。このようになっても特に焦る必要はなく、何個続こうが文法的には特に違いがないです。

まず、初めの不定詞はseemにかかる不定詞の副詞的用法ですね。次の動名詞は住むことを気にしないというmindに着く目的語的な役割をしていますね。ちなみに、mindは気にするという意味です。非常によく使います。

mindについては、旅行などでも頻繁に使うことになると思いますので、使い方も含めて覚えておきましょう。

Would you mind if I borrow your phone? このmindの使い方は旅行者などにとっても、とても大事だと思います。意味は、電話を借りてもいいですか?です。そして、このさいに、もしよくても、Yesと答えてはいけません。なぜなら、これは気にしますかという文章ですから、yesだと気にする、つまりダメという意味になってしまいます。

だから、良い場合は、no, I don’t mindとか、単にsureなどと言えば、OKの意味が伝えられます。逆に、ダメな場合は、NOというと、そのまま電話を借りられてしまうので、I mindときちんと伝えましょう。

I don’t mind you don’t even want to know my name. 次に、こちらはthat節に続く文章ですね。お前が俺の名前すら聞こうとしなくても俺は気にしないという文ですね。これもよく使われる形です。that節以外にもif節も使われます。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。