まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 034

今回の場面は、前回のプールハウスでの会話の続きです。

セスが照れながらもライアンに、自分の見方をしてくれたことに対する感謝の気持ちを伝えて、二人は仲直りをします。

そして、それに続いて、セスは次のセリフを言います。お調子者のセスっぽい感じのセリフですね。セリフ中のRはライアンで後はセスのセリフです。

That wasn’t exactly the way that I first planned to talk to Summer, but I’m now on her radar.
Do you think I should tell her about Tahiti?
R: Not, yet.
That’s what I was thinking. I wanted to make sure we were on the same page.

あれは自分が当初予定していたサマーとの初めての会話では全くなかったけど、でもこれで僕も彼女の知り合いの一人になったんだ。
彼女にタヒチのことについて話したほうがいいかな?
まだやめとけよ。
まさに僕が考えていたことだ。ただ、俺たちが同じ考えを共有していることを確認したかったんだ。

1行目、まずは文法の確認です。the wayがあります。そしてどうやら文章は関係詞が使われている文章のようですね。これはどういう文法構造でしょうか?

関係副詞のHowが省略されている?答えは関係代名詞です。the wayの後にthatが来ていますね。さらに関係詞節を見てください。plannedの後にthe wayがきますね。planは計画ですが、もしこれが関係副詞にだったら、セスが計画していたのは何ですか?話しですか?違いますね話し方ですね。

まあ、英会話で聞く話すのためだったら関係副詞だろうが関係代名詞だろうが、そんなことを考える前に、瞬間的にplanのあとにthe wayが来ていれば全く問題ないですが、試験や入試などでは、このような関係代名詞か関係副詞かを問うような意地の悪い問題も出てくるかもしれないので、対策が必要な人は覚えておきましょう。必要ない人はリズムで覚えてしまいましょう。

次にon one’s radarは誰かの意識の中に入ったというか、認識されたというか、そういう感じです。ビーチハウスでの事件により、良い意味でも悪い意味でも、一応セスはサマーに存在は認識されたと思われるので、on her radarです。ちょっとレーダーに入ったかはまだ怪しいですが。

最後の行です。ここの時制に注目してください。全部過去形になってますね。最初の文でセスが「考えていたことなんだ」、と過去に考えていたことを話していますね。そして、次の文章はセスが過去に考えていたことなので、全て過去形になるのです。ライアンと同じ意見であることを確認したかったけど、その前の話で確認が取れましたね。だから確認したかったのはちょっと前だから過去形。

という風ないい方もできますが、あくまでI was thinkingの内容を話していますので、その中身は文法的に全て過去形になるのです。だから過去形だからと言って過去はしたかったけど今はしたくないとかいう意味にはならないです。

さて、最後にon the same pageは同じ考えとか、同じ意見とかそういった意味です。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。