まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 016

前回のシーンでライアンとマリッサがしゃべっているところにサンディーがやってきて、いきなりライアンの素性がばれてしまいそうになりましたが、なんとか、うまくごまかしました。そこへ、マリッサの彼氏ルークが車でやってきて、マリッサを連れて颯爽と去っていってしまいました。

そこに残されたライアンとサンディーは家の中に入っていきます。

その時にたばこを吸っていたライアンにサンディーが一言こういいます。

There is no smoking in this house
So this is where you’ll be staying.

家の中は禁煙だよ。
ここが君が泊まる場所だ。

まず、1行目から。

No smokingはだれでもわかるかもしれませんが、家の中が禁煙だというのに、there is を使っているのに注目してください。

これについては、文法というよりも、英語の使われ方というしかないですが、英語ではこのような言い回しもします。

たとえば、There is no smoking at any outdoor eating place とか、 there is no smoking in enclosed workplace. また、There is no smoking allowed in the house.などといういい方もします。

さて、次の行ですが、こちらは関係副詞ですね。This is the placeの文をwhere 以下のyou will be staying が修飾していますね。ちなみに、先行詞のthe placeは省略されています。口語では、よく関係副詞の先行詞が省略されることが多いので、注意が必要ですね。とはいえ、慣れてくれば、省略されている先行詞をわざわざ補わなくても、意味は自然と頭の中に入ってくると思います。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。