まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 013

次回までは家の中でのサンディーとキルスティンとの言い合いの場面でしたが、ここからは場面を家の外に移し、ライアンが再び出てきます。

一人車の中に残されたライアンは、車の外に出てたばこを吸いだします。

そこに隣の家に住んでいるマリッサが通りかかります。マリッサは今まで見たことないライアンに興味を狩られて話しかけます。以下はそのセリフです。

ちなみに、文中のMはマリッサ、Rはライアンのセリフということです。

M: Who are you?
R: Whoever you want me to be.
M: Hey can I bum a cigarette?

訳 

あなた誰?
誰でもいいさ、君が思っている人で。
ねぇ、たばこもらっていい?

さっそく文法解説をしていきましょう。

まずは、2行目に注目してください。

Whoeverという言葉が出てきますね。

これは複合関係副詞といって、関係詞と同じような使い方をします。意味は「誰でも」です。他には、wherever whatever whereverなどがあります。

例えば、I’ll go to the place where you are waiting.という文は関係副詞を使った文章ですね。これは、あなたが待っているところに行くという文章です。これを複合関係副詞に置き換えると、I’ll go to the place wherever you are waiting. となり、あなたが待っていることころならどこへでも行きます。という意味になります。

他の複合関係副詞なら、whoever you are I love you. とかI’ll do whatever it takes. それぞれ、あなたがだれであろうと私はあなたを愛している、どんなことでも私はします。という意味です。

次に最後の行です。見慣れない単語がありますね。bumです。これは誰かに○○をせびるという意味の言葉です。Can I bum 1$ なら1ドルくれよ。という意味になります。

ただし、bumにはホームレスとか、怠けものとかいう意味もあり、あまり良い言葉ではないですね。使い方には注意しましょう。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。