まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 011

ここもサンディーとキルスティンの会話のシーンです。

刑務所からライアンを連れてきたサンディー。サンディーはライアンの人柄もわかっているし、それだからこそ彼を連れてきたのですが、何も知らないキルスティンは、犯罪を犯した子供を何の相談もなしに連れてきてしまったサンディーにカンカンです。

もはや連れてきてしまったのだから仕方がないし、嫌だと言って引き下がらない夫の性格を知ってはいるのですが、嫌味の1つも言ってやりたいというところなのでしょう。キルスティンとサンディーのそんなやりとりが続きます。以下そのやりとりの続きです。

ちなみに、文中のKはキルスティン、Sはサンディのセリフです。

K: What if this is all a scam?
K: What if he’s using you to case this house?
S: He is not a criminal mastermind.
S: He’s a kid who has no one and nowhere to go.

もし彼が詐欺かなんかだったらどうするの?
もし彼がこの家の下見のためにあなたを利用しているだけだったらどうするの?
彼は犯罪の首謀者ではないよ。
彼は誰も頼る者もなく行く場所もない、単なる少年なんだ。

まず、初めにwhat ifです。これは訳を見てもらえば分かると思いますが、「もし〜ならどうするの?」という意味です。結構よく出てくる表現です。このあたりの慣用句は知っているか知らないかなので、とりあえず出てきたものは端から覚えていきましょう。

無理に暗記しようとなくても、いくつか例文を見ていれば、自然に頭に入ってきますよ。

What if の例文は、What if I am sick? とか、What if I am rich?などです。

次に一番下の文章ですが、こちらは関係代名詞ですね。

kid がwhoの先行詞になっています。そして、he is a kidとhe has no one〜の文章をつないでいますね。というより、he has以下の文章がkidを修飾していますね。

関係代名詞はここまでも出てきていますので、これまでOCで英語を勉強してきた人には楽勝ですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。