まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 010

次のシーンは、ライアンを車で連れてきた後に、ライアンを車に残し家に入っていったサンディーと妻キルスティンとの会話のシーンです。

この会話のシーンからサンディーは全く家族に相談なしにライアンを連れてきたことになりますね。本当にサンディーはいい人で、個人的にはセスと並びこのドラマの中でも特に好きなキャラクターです。

以下のセリフは、サンディーがキルスティンに事情を話し、キルスティンが、「捨て犬じゃないんだから!子供を家につれてくるなんて信じられない」と言った後のセリフです。

ちなみに、Kがキルスティンのセリフ、Sがサンディーのセリフになります。

K: It was only matter of time before you started bringing home felons.
S: Ryan’s not a felon.
K: Did you not meet him in jail?
S: Yes technically. But it wasn’t for a felony.
S: I mean it was, but it won’t be when I ‘m done.

あなたが重犯罪者を家に連れてくるまでは時間の問題だったわね。 ライアンは重犯罪人ではないよ。
あら、ライアンとは刑務所であったのではないの?
実際はそうなんだ。でも重犯罪ではない。
つまり、重犯罪だったんだけど、自分がうまくはからってそうならないようにするんだ。

ちょっと長い文章になりますね。ここでのキーワードはfelonですね。

felonは重犯罪という意味です。私は法律の専門家ではないですが、軽犯罪というのは、牢屋に入れられたりしないもので、罰金程度のものです。例えば、壁に落書きしたとか、家に不法侵入したとか、無許可で日本刀を携帯していたとか、そういったものらしいです。

一方で重犯罪(軽犯罪に当たらない犯罪)とは、殺人や強盗、放火などです。

この場合、ライアンは自動車強盗をしたので、れっきとしたfelonyですね。

さて、次にmatter of timeです。これは、時間の問題という意味です。Matterには問題とか事柄とかそういった意味があります。1つの単語として覚えておきましょう。結構よく出てくる表現です。

どんどん進めましょう。次に3行目、Did you not meetのくだりですが、これは否定疑問文ですね。教科書的にいえば、Didn’t you meetとなるのですが、どちらも使われますね。ニュアンス的には、「そこであったのではないの?」という感じになります。

次以降のサンディーのセリフですが、これは訳云々の前に法律的な話しのようですね。

そして、最後の文章には、たくさん省略がでてきますね。ちょっと前の項でもやりましたが、復習も兼ねてみておきましょう。

It wasとIt won’t beの後には何かが省略されていますが、分かりますか?

そう、felonyです。

日本語には主語の省略などがありますが、英語にもこのような省略がたくさん出てきますよ。

さて、ちょっと解説しますが、おそらくですが、まず、サンディーの気持ちとしては、ライアンが兄にそそのかされて、半ば強引にやらされたのを知っているし、ライアンを犯罪者としては見ていないのでしょう。しかし、ライアンを知らないキルスティンにすれば、ライアンはただの保釈された犯罪者だし、刑務所から家に直行してきた子なんて、普通は嫌ですよね。そして、強盗したのだから軽犯罪者ではなく、犯罪者です。ただ、今後のやり取りによっては、刑務所に入ったりする必要もなくなるかもしれないので、そういった意味で、It won’t be when I’m doneなのでしょうね。

以上の解説で、3行目のtechnicallyも分かってもらえましたでしょうか?

ちなみに、日本語読みするとテクニカリーで、技術的なという意味になりそうですが、それ以外にも、法律的には、とか、専門学的には、という風な使い方もします。日本語のいわゆる「技術」だけではないので、注意してくださいね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。