まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 The O.C. 002

今回のセリフは、前回のライアンのセリフに対するサンディーのセリフです。

シーン背景の詳細は前回を参照してください。

ライアンという少年に興味を持ち、彼のことをどうしても助けたいサンディーと、どこの誰ともわからない、自分の世界とは違うところから来たであろう弁護士に自分に対してあれこれ言われたくないという反抗的なライアンのやり取りです。

次のセリフは、ライアンが未来なんて考えたくもないということを皮肉も交えてサンディーに伝えたあとの、それに対するサンディーのセリフです。

余談ですが、寡黙な人ライアンが一番長くしゃべったセリフはこの留置場のシーンだそうです。

Look, I can plea this down to a misdemeanor. Petty fine, probation. But, know this, stealing a car because your big brother told you to, it’s stupid and it’s weak. Those are two things you can’t afford to be anymore

いいかい、君の刑罰を軽犯罪にしてもらえるよう申し立てすることができる。小額の罰金、や保護観察になるよう。でもこれだけは忘れるな。兄に言われたから車を盗むなんて言うのは愚かで弱いものがすることだ。君はこれ以上愚かで弱い人間でいてはいけない。

まず、一番目のlookですが、これは「見ろ!」という命令文、というよりは、「ねえ」とか「おい」とか呼びかけの言葉です。Lookは会話に非常に出てくるので、覚えておきましょう。Pleaは「嘆願する」とか「抗告する」という動詞です。裁判などでよく使われますね。その後の単語は辞書で調べてみましょう。ちなみに、probationは「保護観察」の意味です。受験などで重要な単語というわけではないですが、アメリカのドラマや映画を見ていると、結構よく出てきます。そういうテーマが多いのでしょうね。

次の文に行きましょう。次の文は、変わった形をしています。というのも、最初のit’sまで動詞がないです。文法的にいえば、文章ではないのでしょうが、自然なセリフですからこういうのもありです。

もし文章にするなら、stealing a car because your big brother told you to is stupid and weakでしょう。ここでは、stealing〜toまでが、主語です。Stealing a carで「車を盗むこと」because以下でstealing a carを修飾しています。

つまり、stealing a car is stupid and weakという文の主語部分をbecause your big brother told you to steal a car.という文章が修飾しているのです。

さて、さらに次の文。これは英語的な表現ですね。Thoseはstupidとweakを指しています。そして Those are two things (that) you can’t afford to be {that} anymore.

という文章なのですが、thingsの後に来るべき、関係代名詞の目的格が省略されています。そして、あとの節の中のどこに関係代名詞がかかってくるかというと、後ろの{that}の個所です。ちなみにここは解説上{that}という形で書いてますが、省略されているという意味ではなく、本来はここに何も書かれませんのでご注意ください。

ちなみに、affordは、(経済的、時間的に)余裕がある、とか賄えるとかそういう意味の単語ですが、ここではcan’t afford toでもはやこれ以上○○できないという意味になっていますね。中々英語的な表現で日本語に訳しにくいですが、もはや君はこれ以上弱くて愚かな人間でいる余裕なんてないんだ、くらいの意味になるのでしょう。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。