まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

Lie to meの登場人物紹介

カル・ライトマン

ライトマングループ代表にして、微表情の権威。その才能は政府機関やFBIからも認められていて、毎回講演や事件解決のための支援を要請される。

しかし、人物的にはちょっと癖のある感じで、部下のローカーをいつも辛く当たるし、新しくスタッフになったトーレスに対してもまともな扱いをしなかったり。また、ホットドックスタンドのおじさんに絡んで、こいつは手を洗わないでホットドックを作っているなど公衆の面前で大声で言ったり、ちょっと迷惑な一面もある・・・。

しかし、微表情や人の嘘、隠し事を見破る才能は天才的であり、その才能についてはだれもかなわないほどである。また、離婚しているが、元妻との間に高校生のエミリーがいて、普段は変わりものなのだが、娘のこととなると、ちょっと過保護になってしまう一面も。

ジリアン・フォスター

ライトマン博士の右腕で、ライトマングループの共同経営者。ライトマンがかなり変わった性格の持ち主だが、ジリアンはしっかりしていて、時にハチャメチャなライトマンを陰から支える縁の下の力持ちタイプ。

心理学博士であり、微表情がボディーランゲージを見破ることなどについても相当な実力の持ち主。ライトマンが他の事件を担当していて、手が回らない時などは、ジリアンが先頭に立って事件解決に当たることも多い。また、心理学者の立場からライトマンに助言を求められることもある。

ライトマン博士とは対照的な常識人であり、おそらくこの人なくしてはライトマングループは成り立たないだろうという感じです。私生活では夫と順風満帆な感じだが…。

イーライ・ローカー

ライトマンの部下。主に事件解決のためにライトマンやジリアンの元で映像解析などをしている。なぜかライトマンによくいじめられている。

非常に変わった性格で、思ったことは全て正直に話さないと気が済まない。時にその正直さのために、他の人を不快にさせることもしばしば。ライトマングループにやってきたトーレスに対し、君と××してみたいなどといきなり言って、驚かせるなんてこもありました。時に、その正直さで事件を引き起こしてしまうことも・・・。

リア・トーレス

第1話でライトマングループからスカウトされて、ライトマングループで働くことになった。カルにしろ、ローカーにしろ、みんな微表情を見抜くために何年間も勉強してきたのですが、彼女は微表情に対する特別なトレーニングをまったくしなくても、人の微表情を見抜くことができる、いわゆる天才タイプな人です。研究所の人たちからはnaturalと呼ばれています。ただ、そのおかげで、逆に勉強して身につけてきた人たちからはやっかみを受けることも

自分の信念に従って動くタイプですが、時にそれが捜査を間違った方向に向けてしまうことも。また、微表情を見抜く力は天才的ですが、心理学の知識やそのあたりはこれから勉強していくことになりそうです。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。