まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Lie to me 044

前回のシーンでは、事件の鍵になると思われるジェームス容疑者が撮った写真に写っていた車がジャクリーンのものだと分かり、彼女を連行して、警察の依頼のもとライトマンが取り調べをしたのですね。

ライトマンは写真をもとに、彼女を問い詰めていきますが、彼女は中々口を割りません。彼女の微表情などから、どうやら彼女は殺人をしていなく、校長が怪しいとライトマンは直感したのですが、どんなに問い詰めても彼女は口を割りません。

そこに、一枚の紙をもったジリアンが入ってきて、内容がジャクリーンに見えないように、ライトマンにその紙を渡します。すると、ライトマンの表情が急に悲しいものに変わりました。以下、取り調べの続きのシーンです。Jはジャクリーン、Lはライトマン博士のセリフです。

L: I guess it doesn’t matter anymore. And you’re gonna have to live with this because James Coles just hanged himself in his jail cell.
J: I didn’t think that anything would happened to James ‘cause he is minor.
L: Why did Principal Castle recognized your car when I showed him the photograph? You’re involved this, aren’t you? Castel took advantage of you.

L: もはやこのことは問題にはならなくなったようだ。君はこのことと一生一緒にすごさなければいけないよ。なぜならジェームス・コールズは独房で首をつってしまったのだから。
J: 彼は未成年だし、ジェームスには何も起こらないと思ってたのに。
L: なぜ私が写真を見せた時、キャッスル校長はあなたの車だと認識できたんだ?あなたはこのことに関わっていたんでしょう?あなたを利用していたんだろう?

まずは最初のほうにあるmatterから見ていきましょう。別のところでも出てきていますが、改めて取り扱ってみたいと思います。matterというのは辞書でみると問題となるとか、重要であると書かれていると思います。What does it matter? とか、it doesn’t matter とか、all the matter isなどの形でよく出てきます。1つめから、それの何が問題なんだ?、それは重要ではない、問題となる全てのことは、というような意味になります。matterはとてもよく出てくるので、もしまだ何かよくわからなければ、たくさん例文を見て自分の物にしてしまいましょう。

次に、live withですが、これは文字通り、誰かと一緒に住むとか、そういった意味もあるのですが、ここのように、(なにか大変なことを)抱えて生きる、という意味もあります。ここではそっちのほうの意味ですね。それから、その後の、hang one’s selfは首つりをするという意味の単語です。jail cellは刑務所の受刑者が入る部屋のことです。独房、もしくは相部屋でもこの呼び方をします。

次のジャクリーヌのセリフ、ここでもwouldがでてきましたね。これは過去形の文脈の中で使われているから、willの過去形、ではありませんね。これは仮定的な使われ方、まさかそんなことが起こるなんてというニュアンスで使われていますね。wouldは本当に難しくて奥が深いですね。

最後にtake advantage of は○○を利用するという意味になります。ここでは、ライトマン博士がジャクリーンに対して、校長はあなたを利用したのか?といっています。また、この単語は同時に足元を見るとかつけこむという意味も含んでいます。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。