まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Lie to me 043

前回まではワイル議員と、トーレス、ジリアンとの会話のシーンでした。メリッサはワイル議員隠し子であったことを最終的にワイル議員が認め、しかしそのことをマスコミやほかの人間に知らせないでくれと頼まれたのでした。

その後、ワイル議員のもとを後にした2人、そこでジリアンはパーカーから電話を受けます。あのジェームス容疑者の写真に写っていた謎の車が、妊婦のジャクリーンのものだったと判明し、殺人課の刑事がジャクリーンのもとに向かったという連絡だったのです。

ジリアンはそのまま警察署に直行し、ライトマンがジャクリーンの取り調べをしているのをモニターを通じて聞きます。以下は取り調べの様子です。Jがジャクリーン、Lがライトマン博士のセリフです。

J: Why would I know what happen to Ms. McCartney?
L: Eyebrows go up like yours, the person knows the answer to the question they are asking.
J: But I don’t. I don’t feel well.
L: Morning sickness? You argued with Ms. McCartney the afternoon that she was murdered.
J: No, I didn’t. You don’t know what you’re talking about.
L: I know when you’re lying. I know why you fought with her.
J: I didn’t.

J: マッカートニー先生に何が起こったかなんて、なんで私に分かるの?
L: まゆ毛があなたみたいに上がる人というのは、自分がしている質問に対しての答えを知っている人なんだよ。
J: でも知らないし。それになんだか気分が悪いの。
L: つわりかい?あなたはマッカートニーさんが殺害された日の午後、彼女と口論をしていたね。
J: してないわ。あなた自分がなに言っているかわかっているの?
L: 私にはいつあなたが嘘をつくか分かるし、あなたが彼女と口論した理由も知っている。
J: してないわよ。

まず1行目から、最初に出てくるwouldですが、why would~で、なんで〜なんてことするんだ?という強い疑問だったり、どうして〜なんてしようか?という否定を含んだような疑問のニュアンスになります。例えば、ありえない嘘をつかれたときなんかに、なんで嘘なんかつくの?!という際も、why would you lie to me?と言ったりします。

ここでも、なんで私が知っているのよ!というようなニュアンスであるため、wouldを使っているのです。このように、wouldやcouldは細かいニュアンスを伝えるために、多用される言葉です。willやcanの過去形で使われるよりも、遥かにほかの用途で使われることが多いように感じます。そして、この微妙なニュアンスのwouldやcouldが日常会話で使えるようになったら、あなたの英語も準ネイティブクラスになっていると思います。

さて、その後ろにwhatは何でしょう?これは間接疑問文ですね。knowの目的語部分に来て、マッカートニー先生に何が起きたかなんて、という意味になりますね。

次のライトマン博士のセリフに行きます。ここには1つだけ関係代名詞が隠されていますが、気がつきましたか?そう、questionの後ろですね。ここに関係代名詞が入って、その後ろに関係代名詞節を作って、先行詞のquestionを修飾していますね。では、関係施設も含めて、どのようなquestionなのでしょうか? そう、彼らが質問しているquestionですね。

次は単語です。この次に出てくるライトマンのセリフにあるmorning sickness. これはつわりのことですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。