まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Lie to me 034

前回のシーンでは、ジェームスの両親への聞き取り調査の結果、ジェームスが教師と関係を持っているのではなく、ジェームスが一方的にストーカーして先生の写真を撮りまくっていることがわかりました。そして、留置場のジェームスを再び訪れたライトマンはジェームスから事の真相を聞きました。

結局はジェームスは犯行が行われた直後に先生の部屋の外から先生を隠し撮りしていたのです。先生が死んでいるとも知らずに。そして、隠し撮りのさなかに先生がチオ流して倒れているの気付き、警察に通報しようとしているところを運悪く巡回中の警察に見つかってしまい、どうしようもなくなって逃げたのでした。なんせ先生を隠し撮りしている現場だったので、そこを見つかってしまえば隠し撮りの事実も話さなければいけないですからね。

さて、これで一件落着かと思いきや、検察はこれだけでは証拠不足ということで、ジェームスを釈放するどころか、このまま起訴にするつもりのようです。今回は、その検察官とライトマンたちとの会話です。

G: you aren’t gonna reconsider other suspects?
A: He was stalking the victim, he fled the scene, and he failed the polygraph the night of the murder.
G: Polygraph only tells you if someone is feeling guilty. It doesn’t tell you what they’re feeling guilty about. The guilt James felt had nothing to do with the murder.
A: Look, you want to ignore the evidence, fine. But I heard how things ended for you over at the Pentagon. And unless you want the entire Justice Department picking apart every case you work for us too, you’ll leave this one alone.

G: あなたは他の容疑者を洗い直さないようですね。
A: かれは被害者をストーキングしていたし、犯行現場から逃げ出した、そして、事件の夜ポリグラフテストで嘘が見つかっている。
G: ポリグラフはただ誰かが何かに対して罪を感じていることしかわからない。何に対して罪を感じているかはわからないわ。ジェームスが感じていた罪悪感は殺人とは全く関係のないことよ。
A: 証拠を無視したければいいでしょう。でも私は、あなたのペンタゴンでの件がどのような結末を迎えたか聞いたし。それに、司法省全体があなたの働いている全ての事件について非難してほしくない限りは、このことはあきらめるんだね。

今回は2回目のジリアンのセリフから見ていきましょう。さて、ifが出てきていますが、ここのifはどのような意味でしょうか?これはもしもではなくて、かどうかですね。誰かが罪悪感を感じているかどうかです。慣れればifがどのような意味かなんてすぐわかるようになるので、しつこいぐらいにたくさん触れて慣れていきましょう。

次のwhatはなんでしょうか?これはどちらにでも取れそうですが、どうやら関節疑問文のようですね何について罪悪感を感じているかです。そして、その次には関係代名詞が来ています。まず先行詞は何でしょう?これは、the guiltですね。では、関係代名詞節はどこまででしょうか?これはfeltまでですね。とても短いですが、立派な関係代名詞節です。全体ではジェームスが感じた罪悪感はという意味ですね。

さて、次に検察官のセリフです。but以降、howがありますね。これは関節疑問文ですねどのように○○したか聞いたという意味です。

さて、その次を見ていきましょう。and以降です。wantの後に名詞や名詞節が来るのは知っていますね。誰々にしてほしいという際の誰々がwantの後に来る名詞や名詞節の役割ですね。でも、その後に必ずto不定詞が来るはずと習っているかもしれませんね。しかし、ここにはto不定詞がありません。そうすると、何をしてほしいのかわかりませんね。それではこの文は訳せない。

じつは、否定の文に限っては、ingがto不定詞の代わりになるのです。そのような用法もあるのです。wantという簡単な単語でも奥が深いですね。逆に簡単な単語だからこそ奥が深いのかもしれません。さて、そうすると、誰に何してほしいの何の部分がどこからかわかりますね。pickingからです。誰はthe entire Justice Department、司法省全体ですね。どうしてほしいのか?picking apartは非難するという意味があります。そして、その後には関係代名詞まで来ていますね。私たちのために働いている全ての事件、がそれですね。

最後、leave+名詞+aloneはそれを放っておくということです。leave me aloneなら、俺をほっといてくれ!という意味です。代名詞以外にも名詞句が来ることもあります。そうなるとちょっと厄介ですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。