まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Lie to me 031

前回までは、研究所の打ち合わせの中で、どうやらジェームス被告と殺害されたマッカートニー先生は性的関係にあるのではないかという仮説を立てたライトマングループの一行は、前回のシーンでジェームスの親に再び面談を申し込みました。

そして、真相を確かめるために、ライトマン博士が父親に激しく詰め寄ったのでした。しかしながら、父親は全く口を割ろうとしません。そこで、ジリアンは別のアプローチを試みるのです。すなわち、柔らかいアプローチで、何かを言おうかどうしようかずっと迷っているがいまいち踏ん切りがつかない母親にターゲットを絞ります。good cop bad cop的な感じですね。

以下はその時のジリアンが発した母親に対するセリフです。これだけをいっぺんに行ったジリアン役の女優さんはすごいですね。

Everything you're doing makes perfect sense. You’re afraid for your son, Mrs. Cole.
And when we experience fear we try to exercise whatever control we can even if it makes things worse.
That’s why you lied to us before. It may help you feel better, but it’s not helping your son.
Because right now, the only people who believe James is innocent are in this room.
I know that you have the courage to move past your fear and tell us the truth.

あなたがしてきたことすべては道理がかなっています。コールさん、あなたはお子さんを心配しているのですね。
我々が恐怖を感じた時、私たちはコントロール可能なあらゆることを実効しようとします。例えそれが事態を悪化させると知っていても。だからあなたは私たちに嘘をついたのですね。それはあなたの気分を良くさせるかもしれませんが、息子さんを助けることにはなりませんよ。
なぜなら、今、あなたの息子さんが無実だと信じているのはこの部屋にいる人間だけなのだから。
私はあなたに恐怖を乗り越えて私たちに真実を言う勇気があることを知っているわ。

1行目、いきなりここには関係代名詞が来ていますね。目的格の関係代名詞がeverythingの後ろに隠されていて、あなたがしている全てという意味となっています。そして、make senseは道理がかなう、とか、意味をなすとか、そういった意味ですね。

2行目のwhateverは複合関係代名詞で、関係代名詞的な使い方をされているんですね。exercise、実行するのは何か、それの目的語が、whatever control we canです。何であろうと、我々がコントロールできるものということです。even ifはたとえ・・・となってもです。itはそれ、コントロールすること、でmake things worseは物事をより悪くする、事態をより悪くするということですね。

次に行きます、飛ばして、becauseの行、ここは関係代名詞の主格で省略されてもいないので、よくわかりますね。ジェームスが無実だと信じる唯一の人々という意味ですね。ちなみに、areの補語がin this roomとなっていて、唯一信じる人々はこの部屋にいるという風になっていますね。つまり、この部屋にいない人間はみんなジェームスは有罪だと思っているということです。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。