まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

いくら勉強しても英語ができるようにならない方法とは?

英語を習得するために多くの人は単語を覚えたり、文法を理解したり、文章を読む練習をしたり、リスニングCDを聞き流して学習をしていると思います。

私自身も過去に色々な方法で英語を学習しました。上記の方法以外にも、海外のラジオを聞いたり、洋画や海外ドラマのDVDを見たり、英会話スクールに通ったり、海外の小説を読んだり。

しかし、このように様々な方法で英語を学習したにもかかわらず、私は英語力を伸ばすことができませんでした。

過去に上記のような学習方法で、4年間に渡り、毎日1時間以上は英語の学習に費やしていたにもかかわらず、ほとんど英語ができるようにはならなかったのです。

その後学習方法を変えて、正しい方法で英語を学習したので、現在では英語に加えてスペイン語も現地での日常生活には全く困らないレベルまで習得する事ができています。

しかし、あるポイントをきちんと押さえて学習しなかったがために、実に4年間もの時間を無駄な英語学習に割いてしまったのです。

あなたは英語をどのような方法で学習していますか?

英会話スクールで英語を学んでいますか?それとも長文読解の学習?リスニングCDを聞き流しながら学習をしていますか?

いずれにしても、英語学習をするうえであるポイントを押さえておかないと、英語を中々身につけることができません。

この大事なポイントをしっかり押さえて学習をしないと、4年間しっかり学習しても英語がほとんど身につかないということになってしまいます。

過去のわたしのように。

では、その大事なポイントとは何でしょうか?

英語を学習する目的は人さまざまだと思います。字幕なしで映画を理解できるようになりたいとか、英語の書類が読めるようになりたい。もしくは海外の人と流暢に話がしたいということもあるでしょう。

しかし、いずれにしても非常に大事なのは、英語の文章を理解する能力です。英語の文章を読む場合もそうですが、会話にしても相手の言うことが理解できなければ会話はできません。

そして、会話を理解するということは、相手の伝えてきた英文のメッセージを正しく理解する事です。つまりは英語の文章を理解する事なのです。

ところが、この英語の文章を理解するという基本が、英語学習では最も難しいのです。というのも、簡単な文章であれば、単語や文法をある程度学べば誰でも理解できるようになります。

ところがちょっと英語の文章が長くなったり、複雑になったりすると、とたんに単語と文法知識だけでは太刀打ちできなくなってしまいます。

実は、英語を理解するうえで、このような長くて複雑な文章を理解するということは避けては通れません。そして、このような文章を瞬間的に理解する事ができるようにならないと、英語のリスニングは絶対にできるようにはなりません。

では、このような文章を理解するにはどうすればいいのでしょうか?

それには頭の中に英語の処理体系を構築する必要があります。

この英語の処理体系の構築ができると、英語の文章をまるで日本語を理解しているかのようにスムーズに理解する事ができるようになります。

長い文章でも複雑な文章でも、英語を英語のまま、かえり読みせずに理解する事ができるようになります。

あなたが日本語を読む時、あなたはどのように意味を把握していますか?文法や文章の構造を考えたり、単語の意味を深く考えたり増しますか?

おそらくしないと思います。それはあなたの頭の中に日本語の言語処理体系がすでに存在しているからなのです。

英語の処理体系が出来てくれば、あなたは英語の文章の処理をするときに、もはや英語の構造を考えたりはしません。左から右に文章を読むだけで英語の意味が頭に入ってきます。

このようなことができるので、当然理解スピードも日本語とあまり変わらなくなりますし、ストレスなく英語の文を高速で読むことができるようになります。もちろん聞くことも。

また、これさえできれば、スピーキングやリスニングもかなりのレベルまで出来るようになります。

しかし、この部分ができるようにならないと、いくら会話の練習をしてもスムーズに流暢に話すこともできませんし、いくら耳を鍛えても絶対にリスニングができるようにはなりません。

この英語の処理体系を構築するためには、どうすればいいのでしょうか?それをこれからしっかりと解説していきましょう。

まず、英語の処理体系を獲得するためには、当然ですが、英語の基礎となる知識を獲得する必要があります。

それは、英語の文章構造や文法、構文などの言語のルールとなるところや、英語の基盤となる高頻出単語や句動詞などです。

これらに関する知識を獲得する事が英語の処理体系を構築する事の第一歩です。

ところがこれらについては、多くの英語学習者が相当程度獲得しているものです。受験勉強をした大学生ならばこれらの知識の多くはすでに身につけているでしょう。

それにもかかわらず、なぜ英語の処理体系が構築できていないのでしょうか?

実は、英語の処理にはこれらの基礎知識を単に「覚える」だけでは不十分なのです。これら知識を無意識レベルで扱えるほどにしっかり身につける必要があるのです。

つまり、英語の処理体系の構築とは、英語の理解に必要な英語の基礎知識全てを無意識レベルで使えるくらいにしっかり身につけることを言います。

もう少し正確に解説すると、英語の基礎知識を「陳述記憶レベル」ではなく、「手続き記憶レベル」の深い記憶として脳に保存しなければいけないのです。

ここまでの解説を読むと、「なんだ。基礎をしっかり勉強しろということか」と勘違いされてしまいそうですが、それともまた違います。

あなたがいくらしっかり単語帳を勉強しても、文法書を熟読しても、じつは言語の処理体系は確立されません。

いくらそれらをやっても、英語の基礎知識が「手続き記憶」化されることは無く、より強固な「陳述記憶」になるだけです。

実は、この部分が、多くの人にとって英語ができるようにならない原因であると思います。事実、私自身もこの部分を長い間知らなかったため、4年間も無駄な英語学習に費やしてしまったのです。

では、どうやれば英語の基礎知識を全て「手続き記憶」化する事ができるのでしょうか?英語の言語処理体系をしっかり頭の中に作ることができるのでしょうか?

それをしっかり理解していただくために、もう少し「手続き記憶」について解説させていただきます。

手続き記憶の例として良く用いられるのは、自転車の運転やスポーツ、楽器の習得などがあります。

これらは最初、意識的にやる必要があり、さらに意識的にやっても中々うまくいかなかったものが、繰り返しの練習により無意識で、しかもスムーズに出来るようになるというようなものですね。

そして、最も分かりやすく多くの人に親しみのある例としては、パソコンや携帯のキー入力があると思います。

特に10本の指を使ってタイピングをするブラインドタッチ(タッチタイピング)などは最も分かりやすい例ではないでしょうか。

最初は、「A」や「G」や「K」などのキーの配置を覚えたり、「A」が左手の小指、「K」は右手の中指などと指の配置を覚えましたね。

この「覚えた時点」ではタイピングに必要な知識は「陳述記憶」になっただけです。これだけではスムーズなタイピングは出来ません。スムーズなタイピングには練習が必要になります。

そして、練習したてのころは、これら知識を意識的に考えなければタイピングは出来なかったことでしょう。さらに、意識的に考えても指がスムーズに動かなかったり、間違ったキーを押してしまったり。

しかし、練習を重ねるごとに指はどんどんスムーズに動くようになり、それに反比例して徐々にキーの配置や指の動かし方を意識する事も減っていったことでしょう。

そして、日常生活でもブラインドタッチを使うようになり、最終的にはまったく無意識でタイピングができるようになります。

このように無意識で、しかもスムーズで正確に動作するための知識が「手続き記憶」なのです。

これは勉強の知識などのようないわゆる「陳述記憶」とは記憶される脳の位置が違いますし、記憶の使われ方も違うのです。

詳細は別のところで記述するとして、このように手続き記憶化には、かなり多くの繰り返し練習が必要になります。

ところで、タイピングでは指の動きをひたすら練習する事が必要でしたが、英語の処理体系を構築するためには、どのような練習を繰り返しすればいいのでしょうか?

実は、タイピングは繰り返し練習をするといっても手続き記憶化する対象は数十個のキーに対する入力方法くらいでした。しかし、英語についてはそれよりはるかに多くの事を手続き記憶化する必要があります。

だからこそ、英語の基礎知識の手続き記憶化は、タイピングよりはもう少し色々と留意する事が多くなります。

では、早速この英語の手続き記憶化をどうすればいいかを解説していきましょう。

まず、英語の基礎知識の手続き記憶化の前提条件として、何を練習すればいいのかを説明する必要があります。タイピングではそれは「正しい手の配置を踏まえたうえでのタイピング練習」でしたね。

英語の基礎知識の手続き記憶化に必要な練習、それは「英語の文章をインプットする事」です。

英語の文章を読んだり聞いたりして、理解をする練習をすることが、英語の基礎知識の手続き記憶化に必要な唯一の練習になります。

これ以外の方法では、手続き記憶化は困難か不可能でしょう。例えば、アウトプットをひたすらやっても手続き記憶化はしません。もちろんアウトプットをやってはいけないということではありませんが。

さて、上記のようにとにかくひたすら英語の文章をインプットしていれば、いつかは基礎知識を手続き記憶化する事ができるのです。

ただし、いくつか注意点があります。

まず1つ目は、インプットする文章の難易度にあります。

もし、あなたが英語の文章を読む際に、辞書を片手に色々な単語を調べながらやっているのならば。

もし、あなたが訳を見なければ文章全体の意味を正しく把握できないような文章で学習しているのならば。

過去の私のようにいつまでたっても英語ができない可能性があります。私も過去に上記のようなことが必要な難しい英語の文章でひたすら学習していた時期がありましたが、いくらやっても一向に手続き記憶化しませんでした。

実は、英語の基礎知識を手続き記憶化させるうえで非常に大事なことは、難しくない英語の文章で学習する事なのです。

では、どのくらいの難易度なのか?それはあなたが辞書も使わず、おおよその意味が取れるくらいのレベルです。

もしくは、一度解説を読んだだけで、次からは辞書などを使わなくても大意が取れるくらいの文章です。

それ以上の文章は難しすぎます。

では、簡単ならばどんなに簡単な文章でもいいのかというと、それもまた違います。

英語の文章のレベルとして、あなたが日本語と同じくらいの早さで理解できるものは、あなたにとっては簡単すぎます。

つまり、これ以上の文章。あなたが日本語と同じ早さで読んだり聞いたりして理解できない文章というのは、全て学習の対象となる文章です。

英語の学習というと、どうしてもTOEICや受験のようなテストで使う長文読解のような文章で学習してしまいますが、そのレベルの文章は多くの学習者にとって「手続き記憶化」には難しすぎる文章なのです。

上記に示したレベルを参考に、若干簡単すぎるんじゃないかと思うくらいの英語の文章で最初は学習を始めてみてください。

さて、次には2つ目の点を解説していきます。

英語を習得するためには、英語の言語体系に関わる基礎知識を全て「手続き記憶化」する必要があったのですね。

そして、この点は当然と言えば当然なのですが、それら知識をしっかり吸収するためには、当然ながら全ての基礎知識を余すことなく、漏れなく、しっかりと記載しているテキストを使う必要があります。

例えば、簡単すぎて、「関係代名詞」が一切使われていないテキストはダメですし、前置詞の使われ方が一通り全て出ていないようなテキストはダメですし、掲載されている構文の量が不十分なものはだめです。

基礎的な単語や文法、英語の文章の構造、構文、句動詞などなどが全てしっかり学べるテキストで英語文のインプットをする必要があります。

これらは全てを含めると、かなりの量になります。おそらく市販のテキストでは数冊以上は確実に必要になるでしょう。

それらを漏れなく、全てきちんと記載しているようなテキストで英語文を学習する必要があります。

もちろんこういったテキストは書店にも売っています。そこであなたが自分に最適なテキストを選ぶことができそうであれば書店で購入するのが良いでしょう。

しかし、あなたが英語のレベルがまだそこまで高くなかったり、しばらくの間英語の学習をしていないような場合には、あなたに適切なレベルのテキストや、基礎知識が漏れなく全て含まれているテキストを適切な冊数購入するというのは中々難しいでしょう。

さらに言うと、書店のテキストだけで学習しようとするには、かなり高いモチベーションや動機付けが必要になります。

私みたいな精神的に強くないヘタレ人間には自力で書店に行って、それを選んで、そのテキストを擦り切れるまで繰り返し練習して、「手続き記憶化」させるというのは、かなりの至難な業です。

そこで、書店でどのようなテキストを選んでいいかわからない。とか、続けられる自信があまりないので、出来る限り簡単に続けられつつも、英語の習得をしっかりしたい。

そういう人には、難易度のコントロールが非常にしっかりしてあって、なおかつテキストの中に英語の基礎知識が漏れなくしっかりおさまっているもの。

なおかつ、私のように続けられない人間でもしっかり英語学習ができるような構成となっている教材で学習する事をオススメします。

以下の教材は上記の条件をしっかり満たしてある非常に素晴らしいもので、自信を持って私が進められるものです。

<オススメ教材 その1>

スピードラーニング

非常に有名な教材なので知らない人はあまりいないかと思います。

この教材は文法や単語をわざわざ覚えなくても、教材をしっかりこなしていくだけで、英語に必要な単語や構文等をしっかりインプットできるように作られています。

本当に良く考えて作られたスクリプト(教材の中の英語文章のこと)は英語に必要な知識が抜けなく漏れなく、しかし非常に効率よく学べるように配置されています。

また、難易度コントロールも絶妙で、初心者から中級者まで広い範囲の学習者が学べるように出来ています。

この教材でしっかり音読とシャドーイングを繰り返せば、かなり短期間で目に見えた成果が出ることでしょう。

前半のスクリプトが日常生活をもとにしているのも、実践的な英会話を学びたい人には嬉しい配慮ですね。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

<オススメ教材 その2>

スーパーエルマー

TOEICや大学受験のために英語を学習している人にもってこいなのがこの教材。

アメリカの文化や風習などを解説した文章をもとに教材が構成されているので、受験問題の練習にもなります。

スクリプト自体は、アメリカ政府が作成した、VOAの英語習得者のために作られたコンテンツをもとにしているので、英語習得に必要な語彙や構文がしっかり学べます。

また、なによりこの教材で素晴らしいのは、当サイトで推奨している音読やシャドーイングに非常に適した教材であることです。

教材自体、音読やシャドーイングを実践する事を前提に作られています。

また、通常の150%や200%のスピードで編集されたリスニング音源も収録されていて、これらを使ったハイパースピード理論における学習法を併せて実践すれば、非常に効率よく英語を学習できます。

詳しくは、無料でサンプルをいただけるので、ぜひ応募してみてください。体験リスニングCDが70分以上もついているうえに、TOEICの点数を上げるための効率的な学習方法が書かれた冊子もいただけます。これを無料でもらえるなんてとてもお得です。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

<オススメ教材 その3>

1000時間ヒアリングマラソン

英語教材や書籍の販売で有名なアルクが1983年から販売している非常に歴史のある英語教材です。

他の教材と違うのは、この教材が既に作られたものではなく、毎月新しいものが作られているということです。

ということは、旬の映画やニュースで英語を学習できるというだけでなく、アルクの30年に渡る英語教材販売の経験と毎月のフィードバックで常に教材が改善されているということです。

毎月送られてくる教材には、映画やドラマで英語を学習する項目あり、ニュースでフォーマルな英語を学ぶ項目ありと、多彩なスクリプトで色々な場面で使われる英語を学べます。

また、こういった教材には珍しく、発音の学習項目もあり、英語の基礎力を習得したながら、同時に正しい発音も学ぶことができるという、1度に2度おいしい教材です。

シャドーングや音読を行う際には、正しい発音を学ぶことが非常に大事なのですが、この教材ではそれも併せて行うことができます。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

<英語を聞き取るための教材>

YouCanSpeakα

これまで紹介してきたのは、主に英語の文章理解のための教材です。もしあなたが文章理解がしっかりできて、後は英語の音に慣れるだけだと言うなら、まず真っ先にすべきは英語の発音をしっかり聞き分けられる耳を作ることです。

英語ネイティブの会話をしっかり聞きとるには、英語の正しい発音をしっかり把握し、またネイティブ特有の発音の音変化(省エネ発音など)も把握する必要があります。

そこで、ネイティブの発音をしっかり聞きとるのに必要な発音や音変化を身につけるのにベストな教材がこちらです。

この教材では英語の発音それぞれの音をきっちり学べるだけでなく、似ている音の聞き分けや省エネ発音などの発音の音変化もじっくり学ぶことができます。

しかも、ゲーム形式で練習できるので、楽しみながら出来るうえに単にCDで学習するよりも学習効果は高いでしょう。

さらに、素晴らしいのは、発音を「聞き取る」だけでなく、自ら発音出来るようになるための仕組みもこの教材にはあるのです。

発音に関しては教材の絶対数自体が少ないですが、これは本当に自信を持ってオススメできる教材です。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。