まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

さらに英語力を鍛えるには?

英語の上達方法は当サイトで解説してきましたように、音読やシャドーイングを同じ英語文で繰り返し何度も練習する事による「英語基礎知識の手続き記憶化」が最も大事だと解説してきました。

しかしながら、言語の難しいところは、それだけでは言語は完璧にならず、それ以上うえを目指すには基礎知識の手続き記憶化と同時に色々な表現や単語も身につける必要があることです。

もちろん基礎知識をきっちり無意識的に使えるまで鍛えれば日常生活にはかなり支障がないレベルになるでしょうが、それでも学習した英語文の種類が少ないうちはかなり表現などが限られたものになるでしょう。

事実私たちも日本語を学習してきた過程で、幼児期に日本語の基礎知識を身につけて両町に話せるようになっても、最初のうちは使える表現や話せる内容が非常に限られていたと思います。

表現が豊富になり、単語の数が増えたのは生活の中で色々な表現や言葉に出会ったからです。

そこで、英語学習の大事な第一段階、英語の基礎力構築が終わったら、いよいよあなたの語彙や表現を豊かにする第2段階になります。

英語学習を何年やってもたいした英語力にならない人の中でよくみられるのは、基礎力を鍛える前にこの第2段階を始めてしまうというケースです。

これまで解説してきたように、基礎力を養わずに色々な表現や単語を覚えたところで、英語の聞きとりも、複雑な英語文を読むこともできません。

また、それらが出来ないということは、スムーズな会話もできません。

これらは、野球やゴルフのテクニック論ばかり詳しくて、実際にはうまくプレイできない人と同じですね。

英語の「知識」ばかり覚えても、それを使いこなす基礎力がなければ役に立たないのです。

また、英語の基礎知識を手続き記憶化すると、単語や表現を覚えるのも断然楽になります。これは脳の中に英語の知識のネットワークがつくられていて、それに関連する形で英語の単語等を覚えられるからですね。

このあたりは脳や記憶の仕組みなどの書籍などを参照してもらえば分かると思います。

さて、ここからはあくまで英語の基礎力をしっかり身につけている人ですが、英語力をさらに上げ、表現を豊かにしたり、語彙を増やすためにも、たくさんの英語を見たり聞いたりする必要があります。

それには書籍を読んだり、色々な人と話したりと色々な方法があるでしょうが、お勧めなのは海外ドラマや映画でそういった表現を学ぶことです。

海外ドラマや映画は単純に見ていて楽しいので、学習の継続性という観点からも非常に良いコンテンツですし、ネイティブの人々が実際に使っている生の英語をたくさん学ぶことができます。

私自身も映画やドラマでかなり色々な表現を覚え、実際に海外に行った時などは非常に役立ちました。

さて、そんな映画やドラマを使ってどのように英語を学習していけばいいのでしょうか?次ではその方法を解説していきます。

次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。