まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

英語の音変化について その3

伝えたいメッセージ、話し方、話す場面によって、強い発音になったり、弱い発音になったりしますが、傾向として、これら品詞は弱く発音される傾向にあるということです。

さて、このように、弱くされがちな発音があるのは、日本語と同じなのですが、ちょっと日本語と違うのは、これら弱く発音される品詞は、弱い時の発音と強い時の発音が異なることがあるのです。

例えば、代名詞のheですが、これは通常の発音であれば、「ヒー」です。しかし、弱い時の発音はhの音が脱落して、「イー」になります。(詳細は発音記号で確認してください。)

areなども、通常は「アー」ですが、弱い発音の時は「ァ」と、とてもアメリカの最初の「ア」と同じ音になってしまいます。

このような、弱いバージョンの音を弱形といいます。逆に通常我々がよく聞く音は「強形」と言われています。

これらのいくつかは辞書にも「弱」という発音記号で書かれています。そして、辞書には全て載っていないかもしれませんが、色々な機能語(よく弱勢となる品詞)に強形と弱形の発音が両方あります。

また、さらに聞きとりを困難にするのが、弱形の時に音が全く同じになってしまう言葉がいくつかあります。

例えば、冠詞のaはamaricaのaと同じ発音なのですが、弱形の時はaとareとorが同じ音になる可能性があります。可能性があるというのは、必ずしも全てが弱形で発音されるとは限らないからですが。

とにかく、弱形の音については、代表的な単語は把握しておかないと、発音を完ぺきにしても、聞き取れない場合があります。

この強形と弱形については、野中泉さん著の「英語舌の作り方」などにも掲載されています。他にもここで解説しきれなかった発音についても掲載されていますので、参考にしてみてください。

前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。