まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

日本語と英語の発音の違い

日本語と英語の発音の違いについては、確かにLとRが有名ですが、実は、それだけではありません。

英語は日本語に比べて、母音も子音も倍近くあるので、日本語の音韻体系を使っていたら、聞き分けに苦労する音がたくさんあります。

アイウエオ、それぞれに英語は2つ以上の音がありますし、bとvの音の違いsとthの音の違いなどなど、日本人が苦手とするだろうポイントはたくさんあります。

ところで、こんな話をすると、「だったら聞きわけだけやってれば、発音の練習は終わりでいいんじゃない?」なんて思う人もいるでしょう。

しかし、それは間違いです。なぜなら、聞き分けとか、そんな話以前に、日本語と英語の音は全く違うのです。

例えば、タ行の子音にあたるtの音、これは英語にも1種類しかありません。

(そもそも、それぞれの発音固有の音は1種類しかないのは当たり前ですが、ここは発音の解説上、日本語に似たような音が英語にも1種類しかないという意味です。)

しかし、日本語のタの音でtaの音を理解していいかというと、全然そんなことはありませんね。

日本語のタの音も、タ行の子音の音+「ア」の音、つまりローマ字表記をすると、taですが、そのtにあたる音と、英語のtの音は全然違います。

例えば、日本語で「ターン」というのと、英語でturnという時のtの音はそれぞれどのように違うのでしょうか?

日本語も英語もtの音は、舌の位置は近い感じですが、英語の方が、息を使って発音するのに比べ、日本語のタ音は息をほとんど使いません。何倍も強く吐き出します。

また、特にアメリカ英語ですが、tの音が他の発音との組み合わせによっては、日本語の「ラ」の音に聞こえることもあります。

例えば、waterは「ウォーラー」、shut upも「シャラップ」ですね。

こういう音変化も、正しい発音を知らないと、対応できないでしょうし、正しい発音を身につけないと、自分が発音するときに、こういった音にはなりません。

このようなことは、タ音だけでなく、全ての音に言えるのです。つまり、英語の音と日本語の音は全ての音で全く違った音になるのです。

日本語のカット、サン、ターン、ナッツ、ハム、マックス、ヤード、ラン、ワイドの音は、英語のcut sun turn nuts hum max yard run wideと全く違うのです。

だからこそ、英語の正しい発音を身につけて、英語の音体系をしっかり把握する必要があります。でないと、ネイティブが話す英語の発音は聞き取ることが困難になります。

これには、後ほど説明する英語の音変化の影響もあります。リスニング教材のような聞き取りやすい英語ではない、ネイティブのナチュラルスピードの英語には、このような発音の違いに加え、非常に多くの音変化があります。

それらに対応するためにも、正しい英語の発音をしっかり身につける必要があるのです。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。