まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

なぜ英語リスニングには発音が必要なのか?

英語を学習している人で、英語の発音を嫌というほど学習したという人は、果たしてどれくらいいるでしょうか?

単語の暗記や文法書の熟読となると、多くの人が嫌というほど勉強しているのかもしれませんが、発音となると、そこまでしっかり学習している人はいないかもしれません。

なぜなら、リスニングにしても、スピーキングにしても、発音をそこまでしっかり勉強しなくても、何となく聞こえるし、何となく通じるからです。

リスニングテストを聞いても、全て100%把握できないかもしれないけど、まあ、英語として聞こえるし、発音なんてしなくても、もっとリスニングの勉強をした方がいいと思われているのかもしれません。

しかし、発音は重要です。非常に重要だと私自身実感しています。なぜなら、発音をきちんと学ぶことが「ネイティブ」の英語をしっかり聞きとる近道だからです。

私は、海外に行っても何不自由なく暮らせるくらいの英語力を身につけたいと思っていました。そして、それにはネイティブが普通に話す英語を完全に聞き取る必要があります。最低限テレビの英語くらい分かるくらいに。

しかし、リスニングのCDはかなり普通に聞こえるのに、ネイティブの英語はいくらリスニングの練習をしても、中々聞こえるようにはなりませんでした。

この時に色々試行錯誤をし、結局たどり着いた答えは、「正しい英語の発音を知らなかった」ことでした。

それまで、英語の音を日本語の音体系を基準に聞いていたのです。なぜなら、英語の発音を学習していなかったからです。

そして、英語の音の例えば、日本語の「ア」に当たる発音、appleとか、upとか、americaなどの「ア」に似た音を、日本語のアとの比較で判断していたのです。

でも、それでは英語の本当の音を把握することはしていませんし、いつまでもこれらの「ア」に相当する音を完全に聞き分けることはできません。

後ほど解説しますが、英語は日本語よりも母音も子音も数が多いのです。だから、日本語の音体系で考えると、アに近い音が3つも4つも出てきてしまうのです。このようなことは「ア」の音以外にもたくさんあります。

代表的なものは、LとRの音ですね。これなんかも、ラ行の音が2種類あるから、日本語の音体系で処理すると、なんとなく濁っているような音のラと、何となく濁りが無いような音のラのような処理になってしまいます。

しかし、発音をしっかり学ぶと、LはLの音で、RはRの音になります。これは、ネイティブにとっては完全に違う音です。日本語で言えば、「す」と「つ」くらい違う音です。

日本人が「す」と「つ」の音を、何となく「つ」のほうが濁った感じ、という風に判断していないように、LやR、その他の音もしっかり身につける必要があるのです。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。