まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

英語リスニングが出来ない人がまず真っ先にやるべきこと その2

ところで、英語リスニングができない人の中には、英語の意味理解の部分が出来ないだけなのに、音声知覚ができていないと誤解している人がいます。

なぜなら、リスニングの意味理解をするには聞こえてきた英語を、聞き直すことなく一発で理解する事、途中で英語の構造把握などをするために考え込まない事、英語を英語のまま聞こえてきたスピード以上の速度で意味を理解していくこと、の以上3つが完璧に出来なければいけません。

これらが完璧に出来ない限りには、いくら完璧に英語を聞き取っても、リスニングは出来るようにはなりません。

逆にこれさえできれば、リスニングの問題は半分以上は解決したも同然なのです。なぜなら、これを学習する過程でシャドーイングもやるでしょうし、そのシャドーイングには音声知覚のトレーニングも含まれているからなのです。

ということで、長い英文でも、ある程度のレベルの複雑な英文でも、日本語と同じ感覚で処理できない人、すなわち英語処理の無意識化を達成していない人はまずはそちらに重点をおいてやってみましょう。特にシャドーイングを重視して。

そうすれば、リスニングの大抵の問題は解決します。

ただ、このシャドーイングに向かう前に1つだけやってもらいたいことがあります。

それが発音のトレーニングです。

正しい発音を学ぶことは英語のリスニング、特にナチュラルスピードの英語を聞き取るためには非常に大事なことです。

この発音のトレーニングをしているかいないかで英語が聞き取れるようになるまでの期間ががらりと変わります。

そして、このトレーニングを終えた後にシャドーイングでトレーニングを行うと、さらに効率よく音声知覚のトレーニングも出来るのです。

ところで、音声知覚のトレーニングとは具体的にどのようなことなのでしょうか?なぜシャドーイングで鍛えられるのでしょうか?

また、なぜ聞き流すだけではだめなのでしょうか?

次からはこれらを解説していきましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。