まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

無意識の処理を身につけるためには? その2

さて、このイライラ期間もある程度練習を重ねると脱する事ができました。EとかUとか簡単なキーは徐々に短期間で反応できるようになったのです。

そこで、次には文章でタイピングする事にチャレンジしてみました。これもすぐに出来るだろうと思っていた私は、その考えが甘い事を思い知らされました。

単体の文字だけならば比較的短時間で反応できたのに、それが文章になると、とたんに指がスムーズに動かなくなったのです。

イライラ期間パート2です。

これは習得するのに、かなり時間がかかりました。しかし、この段階に来ると、タイピングの練習時以外にも、普通にパソコンを使う時にも10本指で意識してタイプするようになったので、練習量は増しました。

おかげで、無事にイライラ期間パート2も卒業し、晴れて10本指でタイピングできるようになったのでした。

それから数年の月日がたち、仕事でもプライベートでも10本指でタイピングしている今現在、過去に1本指でタイプしていたことなど完全に忘れてしまいました。

もはや、1本指でタイプしたいと思わないし、10本指でタイプ出来なかった、あのイライラの感覚を思い出すことも難しくなりました。

Rを打てと言われて、「Rってどこだっけ?なに指だっけ?」なんて考えていたことなんて信じられないくらいに、Rと言われれば指が勝手に動いてしまいます。

今、こうやって文字をタイプしている時も、当然キー配置なんて見ていないし、どこのキーがどこの指なんてこともまったく意識していません。

それなのに、指は無意識に正しいキーをタイプしてくれています。

どうでしょう?あなたもタイピングを身につけた時は同じような道を通ってきたのではないでしょうか?

まだタイピングができないとか、覚えていないという人は、携帯の文字入力はどうでしょうか?

同じように、意識してもなかなか正しいキーを押せなかったイライラ期間はありませんでしたか?その後スムーズにキーを打てていませんか?もはやキーを打つ事など無意識でやっていませんか?

タイピングと同じように、携帯のキー入力でもこれまで説明してきたような無意識化が起こっているのです。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。