まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

なぜ日本語だとすらすら読めるのか?

前のページでは、英語初級者と上級者の間では英語文の理解の仕方に違いがあることを解説してきました。しかし、それだけではまだ分かりにくかったと思います。

そこで、今度は日本語に置き換えて考えてみましょう。

あなたが日本語を理解するときと、英語を理解する時では、何が違うでしょうか?日本語を理解するときは、文章をいちいち何度も読み返したりしますか?

日本語の文章を何かに訳して考えたりしますか?日本語の文章の構造をじっくり考えて理解しますか?

どれもしないと思います。

英語を理解するときとは違い、ここまで私の書いた文章を読んだ際には、じっくり立ち止まって文章の意味や構造を考えたりすることは無かったと思います。

なぜなのでしょう?それはあなたが日本語上級者だからです。

実は、英語の上級者たちは、英語の文章をあなたが日本語を理解するのと同じような感覚で理解する事ができます。

文章を理解するとき、それが長い文章であれ、複雑な文章であれ、文の構造などをじっくり考えることもなく、文章を読み返すこともなく、すらすらと理解できるのです。

例えば、I am a student.

これについては、読み返すこともなく、じっくり構造を把握する事もなく、瞬時に英語の意味を理解できたと思います。特に訳す必要もなく。

でも、例えば、以下の文章ではどうでしょう?

I straightened up and looked out the plane window at the dark clouds hanging over the North Sea, thinking of what I had lost in the couse of my life.

(村上春樹著 ノルウェーの森 英語版より 引用)

この文章をI am a student.と同じように、一切構造も考えず、読み返すこともしないで、英語のまま意味を理解できましたでしょうか?

では、この感覚の違いを覚えている間に、日本語でも比べてみましょう。

私は学生です。

僕は顔を上げて北海の上空に浮かんだ暗い雲を眺め、自分がこれまでの人生の過程で失ってきた多くのものの事を考えた。

(村上春樹著 ノルウェーの森より 引用)

確かに、文章の長さがあるので、下の文章の方が読むのに多少時間はかかるでしょうが、文章を理解する過程は上下ではほとんど変わらなかったと思います。

左から右に文章を読んでいくだけで、特に何度も何度も読み返すことなく、また文章の構造を立ち止まって考えることなく、意味を理解できたと思います。

実は、英語上級者の場合は、あなたが日本語の文章を理解したのと同じような感覚で、上記の英語の文章も理解しています。

つまり、これまで解説してきたように、立ち止まって文章の意味をじっくり考えたり、何度も読み返したりしなくても、英語の意味が頭の中に入ってくるのです。まるで日本語を読んでいるかの感覚で。

この違いこそが、「英語ができる」と「英語ができない」の境目なのです。

では、その境目を次からもう少し詳しく解説していきましょう。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。