まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

Grey's Anatomyの登場人物

●メレディス・グレイ●
このドラマの主人公。母は外科医の最高の名誉、ハーパーエイブリー賞を2度も受賞したエリス・グレイ。しかし、そんな天才外科医だった母はアルツハイマーに侵され、その母の世話をしつつも、外科研修医としてかつて母が勤めていたシアトルグレイスホスピタルに努める。外科医としては母譲り才能を見せる。研修医として働き始める前日、バーで出会った見知らぬ男と大人の関係になってしまうが、なんとそれが、この病院のアテンディング、デレクだった。そのことからデレクとは恋愛関係に発展していくが、じつはデレクには隠された謎が・・・。

●クリスティーナ・ヤン●
アジア系の女性研修医。メレディスと同じインターンのチームに配属され、ナチことベイリーの下で働き始める。アテンディングであるバークと恋愛関係になり、その事がきっかけで心臓外科医を志す。外科医の技術はとても優秀で、後のシーズンでは、自らの技術を伸ばしてくれないアテンディングを追い出してしまうほど。また、とにかく優秀な医師になるためなら何でもする、恋愛よりも医師の技術優先というところもあり、そのため珍しいケースの患者の担当に着くためなら手段を選ばないところもある。

●イザベル・スティーブンス●
通称イジー。とても情深い性格で、その性格もあり、患者に感情移入しすぎてしまうことも。貧しい家庭の出で、大学時代は自ら学費を稼ぐためにモデルの仕事をしていた。

●ジョージ・オマーリ●
小心者でおどおどした感じで、よくゲイに間違われる。研修初日にあろうことかアテンディングに失言をしてしまい、そのことから目をつけられ、初日から執刀をさせられる。そこで危うく患者を殺しかけて以来、007のあだ名で呼ばれる。実はとてもよい人で、時には悩めるメレディスやイジーの相談相手にもなる。そんなおっとりした性格からか、以外に女性にもてたりもする。

●デレク・シェパード●
シアトル・グレイス・ホスピタルに努める天才外科医。とある事情からNYからこの病院にやってきた。メレディスのインターン開始前日にバーで出会ったメレディスと1夜を共にしてしまい、そのことがきっかけでメレディスと付き合い始めるが、実はメレディスには話していないある秘密があった・・・。

●ミランダ・ベイリー●
メレディス、クリスティーナ、イジー、オマーリの教育係。ナチというあだ名で呼ばれ、仕事に対しては非常に厳しいが、実はとても心優しい一面も持つ。そのため、4人対しても常に厳しいが、それもしっかり外科医として育てようというベイリーの気持ちの表れである。外科医としてはとても優秀で、外科部長からも一目置かれている。なんでもズバズバ言う性格だが、実は昔はとても小心者で外科部長のリチャードからは「小魚」と言われたこともあった。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。