まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Grey's Anatomy 026

原因不明だったケイティーの発作の原因を見事に突き止めたメレディスとクリスティーナ。メレディスは前夜にデレクと一夜を明かした事が気まずくて、デレクとの手術を辞退したがっていたので、当然自分が手術のご褒美を得られるものを思っていたクリスティーナ。しかし、デレクはメレディス手術参加への権利を与え、その事が原因でクリスティーナは怒ってしまう。

一方、ジョージは担当だったサヴィッチ夫人の元へ、夫が無くなったことを伝えに行く。

場面は再び変わり、デレクとメレディスの会話の場面。メレディスはクリスティーナとの約束を想い、デレクに手術参加への辞退を告げに行くが…。

以下は2人の会話です。Dがデレクで、Mがメレディスのセリフです。

D: I promised I’d make her look cool. Apparently, being a bald beauty queen is the worst thing that happened in the history of the world.
M: Did you choose me for the surgery because I slept with you?
D: Yes. I’m, kidding.
M: I’m not gonna scrub in for surgery. You should ask Cristina, she really wants it.
D: You’re Katie’s doctor. And on your first day, with very little training, you helped save her life. You earned the right to follow her case through the finish. You shouldn’t let the fact that we had sex get in the way of you taking your shot.

<訳>

D: 見た目を良くしてあげるって約束したんだ。明らかに、坊主頭のビューティークイーンになるなんて歴史上で最も悪い出来事だろうから。
M: 私と寝たからって、私を手術に参加させることにしたの?
D: そうだよ。いや、冗談だ。
M: 私は手術には参加しない。クリスティーナに頼むべきよ、彼女本当にやりたがっていたもの。
D: 君はケイティーの担当だろう。そして、初日に、ほとんどトレーニングを受けていない状態で、彼女の命を救う手助けをしたんだ。君自身が彼女の担当を最後まで見届ける権利を獲得したんだ。我々がセックスをしたという事実を君がチャンスをつかむことへの障害にすべきではない。

<解説>

まず、1行目の一番最初からです。最初のpromiseの時制は過去形ですね。ということは、dは何でしょうか?どういう意味でしょうか?これはwouldで、willの過去形ですね。

次のmake以下は何でしょうか?まずここはmake+名詞+動詞の原形になっていますね。ですからここのmakeは使役ですね。そして、使役の後にある動詞、lookですね。これはどういう意味でしょうか?見るでしょうか?いいえ、ここは見えるという意味ですね。

だから、ここの使役や彼女を素敵に見えるようにさせる、つまり、素敵に見えるようにするという意味ですね。

次の文章に行きましょう。次の文章は主語が長めになっていますね。これはどこまでが主語でしょうか?queenの次にisが来ていますから、ここまでが主語ですね。坊主のビューティークイーンになる事。

次に補語の部分を見ていきましょう。worst thingで最も悪いことだと。さらにthingの次にthatが来ていますね。これは何でしょうか?これは関係代名詞ですね。先行詞は直円のthingですね。では、関係詞節を見ていきましょう。関係詞節の中には主語に当たる単語が見当たらないので、これは主格の関係代名詞ですね。歴の中で起こった事、これが関係詞の意味です。

次に、最後のデレクのセリフの中の最後の文章を見てみましょう。You shouldn’t let the fact that we had sex get in the way of you taking your shot.のところです。

これはちょっと複雑な文章ですね。まず、主語がyouで動詞がletであるということはいいと思います。そして、letは使役の動詞で、目的語+動詞原形の形で、目的語に○○させるの意味になるということもいいですね。

さて、そこで、目的語はthe factだと分かりますが、その後に中々動詞原形が見当たりません。なぜならその後にthatが来ているからです。

では、このthatは何でしょうか?これは関係代名詞のthatですかね。その場合は、factが関係詞の先行詞となりそうです。そして、関係詞節の中身を見ていくと、あることに気がつきます。節の中が完全な文になっていて、関係詞が入る隙間が無いのです。

そう、実はこのthatは関係詞ではなく、同格のthatといって、factの中身を説明しているthatなのです。だから関係代名詞ではありません。まあ、どちらにしてもfactを詳細に説明するというのは同じではあるのですが。さて、このthat節はどこで終わっていますでしょうか?sexですね。ここまでがthat節の中身となります。

そして、その後のgetがletの後の動詞の原形となるわけです。さらに先を見ていくと、ofの後に節のような句が出てきています。動詞が現在分詞の形をしてyouを詳しく説明していますね。あなたがtake your shot つまり、機会をつかむこと、これの邪魔を私達がセックスをしたという事実に邪魔させるべきではない、それがこの文章の意味ですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。