まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Grey's Anatomy 013

レジデントよりも上の立場であるアテンディングに対して、生意気な口を聞いてしまい、あろうことかインターン初日にアテンディングのバークに目をつけれられてしまったオマーリは、その事が原因でインターンの中でも最も過酷なバーク・ガイに選ばれてしまいました。そして、インターン初日からバークのオペに参加させられる事になってしまいました。

以下はオマーリのオペ中のシーンです。バークの予想に反してオマーリはてきぱきと手術をこなし、うまく虫垂を取り除くことに成功しました。あとは縫合するだけというところで、バークがオマーリに手順を説明しています。以下はそのバークのセリフです。

Now all you have to do is invert the stump into cecum and simultaneously pull up on the purse strings, but be careful not to break them.
You ripped the cecum. You’ve got a bleeder. You’re filling with stool. What do you do now?
Think. You start suction, you start digging for those purse strings before she bleeds to death.

<訳>

あとは切除した断片を盲腸にねじ込んで、同時に縫合糸を引っ張るが、気をつけないと切れるぞ。
盲腸を切ってしまったぞ。出血しているし、便も漏れている。これからどうする?
考えろ。吸引を始めろ、縫合糸を探し始めないと、患者は出血して死んでしまうぞ。

<解説>

ここは手術の場面なので、医療用語がたくさんですね。まず単語から行きましょう。invertはねじ込む、stumpは処置断面、つまり手術で執刀した時の断面のことですね。cecumは盲腸のことです。simultaneouslyは同時にという意味です。purse stringsは巾着縫合という腸を縫う方法を行う際に使う意図だと思います。医療関係者ではないので、もしかしたら違うかもしれませんが、いずれにせよ、手術部位を縫合するための意図を表しています。

ripは裂く、stoolは便です。suctionは手術の際にあふれ出した血など吸引することです。

さて、では文章を見てきましょう。all you have to doはあなたがしなければいけないことは、という意味ですね。これは慣用句のような感じなので覚えてしまいましょう。他にもall I want isなどのような形で出てくることもあります。これはallの後にthatの関係代名詞が量略されていて、後のyou have to doは関係詞節ですね。そして、doの後に関係代名詞がかかってくる形ですね。このようなall (that) S Vの形はとてもよく使われます。

今回は手術シーンだから、知らない単語が山ほど出てきていると思います。もちろん、手術用語などは日常会話に使いませんので、このようなシーンを無視して、他で英語を勉強することもできるのですが、受験生やtoeicで高得点を狙っている人にとっては、知らない単語を類推するという技術はとても重要になってきます。そして、知らない単語がや窓ほど出てくるグレイの手術シーンや回診シーンはそのトレーニングにもってこいなので、特にテストで高得点を狙う人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。