まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Grey's Anatomy 012

メレディスはインターン初日の前日、バーで出会った男と酔った勢いで一夜を共にしてしまいました。そしてインターン初日の朝、初日から遅れてしまいそうだったので、男をそっけなくあしらい、さっさと追い出してしまったのでした。

そして、インターン初日、ケイティーの親から担当医と話がしたいといわれ、担当医を探していたメレディスは、ベイリーから担当医はシェパードというアテンディングだと聞かされました。そして、そのドクター・シェパードを見つけ出したメレディスは、彼が今朝まで一緒にいた、そして、朝はそっけなく追い出してしまったデレクという男であることに気がついたのでした。

以下は2人の会話です。Mがメレディス、Dがデレク・シェパードのセリフです。

M: We should pretend it never happened.
D: What never happened? You sleeping with me last night, or you throwing me out this morning? Because both are fine memories I’d like to hold onto.
M: No, there will be no memories. I’m not the girl in the bar anymore, and you’re not the guy. This can’t exist. You get that, right?
D: You took advantage of me, now you wanna fotget about it. I was drunk, vulnerable, and good-looking. And you took advantage.
M: Okay, I was the one who was drunk, and you are not that good looking.

<訳>

M: なかったようにふるまいましょう。
D: 何が無かったようにだって?君が俺と昨晩寝たことか、それとも今朝君が俺を追い出したことか?両方とも覚えておきたい良い思い出だからな。
M: 良い思い出なんてないわ。私はもうバーにいる女じゃないし、あなたもそこにいた人ではない。あってはいけないことなの。分かってるでしょ?
D: 俺を利用しておいて、今は忘れたいって。俺は酔っていたし、隙だらけだったし、いい男だったし。だから俺を利用したんだな。
M: いい、酔っていたのは私だし、あなたはいい男じゃないわよ。

<解説>

まず、1行目、この文章は、一見、SVSVになっていますね。英語の文法では例えば、SVCやSVOCなどは習ったと思いますが、SVSVというのは習った覚えがないかと思います。ちなみに、SVOCなどは英語の文の形の1つで、Sは主語、Vは動詞でCが補語、Oが目的語になります。

SVSVは誰も習ったことが無いと思います。なぜならそんな形は無いからです。英語の原則的なルールは1つの文章に1つの主文です。後は全て何かの節になるのです。節というのは、主文以外でSVなどが含まれる1まとまりの文章のことですね。これは主文の中の一部、例えば、主語S、補語Cや目的語Oの一部分にはなりますが、それ自体は主文にはなりえないものです。

ちょっと文法的な橋でややこしいですが、一文目で解説していきましょう。まず、この文章のSはweですね。Vはpretendです。ふりをするという意味の動詞ですね。では、その後ろのitという代名詞とhappenedという動詞は何になるのかといえば、これは節になるのです。

何節かと言えば、pretendの後に省略されているthat節です。that節はよく使われますが、特に口語では多くが省略されてしまいます。そして、ここではそのthatが省略されていますが、pretend以下はthat節で、全体で主文の目的語の役割を果たしています。

日本語にすると、私たちはそれが起こっていないというふりをするべきだ。という意味ですね。主文の主語は私達で、動詞はふりをするです。そして、英語の目的語に当たる部分は、それが起こっていないという、ですね。We should pretend (that) it never happened.でweが主語、pretendが動詞、that it never happenedが目的語となります。

次のデレクのセリフです。?の後の文章は動詞が全て現在分詞の形、ingになっていますね。これは、何が起こっていないのか?君と寝たこと、それとも朝追い出されたこと?と、○○のこと、と名詞で挙げているからです。

例えば、What do you like to eat? rice or bread?と聞かれているのと一緒ですね。とにかく、両方の文を○○のこと?と聞いているので、両方の文章は動詞の代わりに現在分詞が使われています。そして、ここで最も言いたいのは、現在分詞でも主語のような名詞(代名詞)をつけることができるということです。あなたが私と昨晩寝たこと、という一文はSVのある文章にはなっていないですが、意味上の主語あなたというのをつけることができますね。日本語と一緒で英語でもこれができるということです。これはまた別の文で出てきた時に詳しく説明します。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。