まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Grey's Anatomy 010

前回はクリスティーナ、イジー、オマーリが3人で昼食を食べていたシーンですが、そこに病院内で迷子になっていたメレディスがようやくみんなと合流します。

メレディスも加わって1日目の愚痴をみんなで話していますが、そんなところにバークがきて、なにやらインターン達にあるニュースを持ってきたようです。今回はそんなシーンからです。

以下はMがメレディスのセリフ、Bがバークのセリフです。

M: Katie Bryce is a pain in the ass. If I hadn’t taken the Hippocratic oath, I’d Kevorkian her with my bare hands.
B: Good afternoon, interns. It’s posted, but I thought I’d share the good news personally. AS you know, the honor of performing the first surgery is reserved for the intern that shows the most promise. As I’m running the OR today, I get to make that choice.
B: George O’Malley. You’ll scrub in for an appendectomy this afternoon. Congratulations. Enjoy.

<訳>

M: ケイティー・ブレイスって本当にむかつく!もしヒポクラテスの誓いを宣誓していなかったら、私の素手で安楽死させてやったのに。
B: インターンのみなさん、こんにちは。すでにこのことは掲示されたが、個人的に良いニュースをみんなとシェアしたいと思ったんだ。知っている通り、最も才能を見せたインターンに対して一番初めに手術に参加できるという名誉が約束されている。今日は私がORを担当するため、私がそのインターンを選ぶことになる。
B: ジョージ・オマーリ、今日の午後の虫垂切除手術に参加したまえ。おめでとう!楽しみたまえ!

<解説>

1行目のpain in the assから見ていきましょう。これは直訳すると尻の中の痛みとなりますが、イディオムで問題を起こすもの、人のこと、を表します。トラブルメーカーというか、そんな感じですね。ここではケイティーが問題児だ!というような感じで言っていますね。ちなみにちょっとスラング的な表現です。

次に、If I hadn’t taken the Hippocratic oath, I’d Kevorkian her with my bare hands.の文章を見ていきましょう。まず、この文章自体が仮定法になります。もし仮定法は大丈夫という場合は、この文章全体に全く見慣れない単語が使われているので、ちょっと意味の推察の練習をしてみてください。

さて、まず単語から解説していきましょう。1つ目はHippocratic oathですね。これは医師や医療従事者になる際に誓う、ヒポクラテスの誓いというものがあります。つまり医師としての誓いですね。次のKevorkianですが、これは動詞的に使われていますね。そして基になった言葉はずばり人の名前です。ジャック・ケボーキアンという人がいて、かつて積極的に安楽死を推進していて、安楽死のための機会を作ったりして、最終的に捕まってしまった人です。メレディスは安楽死させるという意味で言ったのでしょう。それから最後のbare handsは素手でという意味です。

さて、必要な単語を見て言ったところで、文法を見ていきましょう。まず、仮定法は○○だったら、××だろう、という実際には無いことを表現するための方法です。例えば、大金持ちならあの車を買えたのに、とか、頭が良ければ東大に入れたのに、とか、英語ができればモテモテなのに、とか、そういった感じの表現をするために使います。

そして、仮定法の作り方の1つのルールは現在を表すことであれば、過去形を、過去を表すのであれば、過去完了形を使います。つまり、今金持ちなら、あの車を買えたのに、なら、If I were rich, I could buy the car. 過去に金持ちだったら、あの時あの車が買えたのに、なら、If I had been rich, I could have bought the car. となります。また、条件節の後の従属節は現在形なら助動詞過去形+動詞原形、過去のことなら助動詞+have+過去分詞になります。これは文法のルールです。

さて、今回の文章は条件節、つまりif以下の文は過去完了形、従属節、つまりifの次の文章は助動詞過去形+動詞原形となっていますね。これは過去に○○だったら、今○○したのに、という、条件節と従属節の時制が違う仮定法です。ちょっと難易度の高い仮定法ですが、仕組みさえ分かってしまえば簡単ですね。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。