まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

海外ドラマのセリフ、英語解説 Grey's Anatomy 001

これからグレイズアナトミー、シーズン1エピソード1で英語を習得していきましょう。なお、グレイズアナトミーは医療現場が舞台であるし、日常生活でも医師という仕事現場が主な舞台のドラマです。つまり、使われる言葉はOCなどのようなドラマよりもだいぶ難しいものが多いです。

また、ドラマという性質上、言葉が簡単なものから難しいものへと徐々にレベルが上がっていくということはありません。

そこで、まず、001から順番には見ていってほしいのですが、理解できないものがあれば、スキップして先に進んで、後でまた戻ってきてください。

また、010くらいまでやって、全体的に難しすぎると思ったら、OCのほうがかなり簡単になっているので、そちらから先にチャレンジしてみてください。

では、一番初めのセリフを見ていきましょう。最初はメレディスのナレーションからです。なお、今後も、一部例外を除き、一番初めにそれまでのストーリーの流れとそのシーンの解説、次にセリフとその翻訳、その後に各所の文法及び単語解説をしていきます。そこで、もし、ストーリーのネタばれは嫌だという人は、最初のストーリーの前後説明部分を飛ばして、英語の個所から読み始めてください。

では、今回の英語を見てみましょう。

The game: They say a person either has what it takes to play or they don’t.
My mother was one of the greats.
Me, on the other hand, I’m screwed.

<訳>

ゲーム:それをするのに必要なものを持っているか持っていないかだと人は言う。
私の母は最も素晴らしい人のうちの一人だった。
私は、一方で、全くダメだ。

<解説>

冒頭でも解説した通り、ここはメレディスのナレーション部分です。このドラマでは、ストーリーの冒頭と最後にメレディス、もしくは病院関係者のナレーションが入ります。そして、ナレーションはしばしば抽象的な内容となりますので、ドラマを見ないと、ちょっとここだけでは何を言っているのかわからないかもしれません。その前提で解説をしていきます。

さて、1行目から、最初のthe gameは言いとして、次のtheyですね。theyは文法で習う時は彼らと私やあなたでない、それ以外の人、3人称の複数形と習いますね。もちろん一般的にはそうですが、ここではその中でも「人々は」とか、「人は」とか、そのように特定の人々ではなく、一般的な人々を指しています。

theyでもたまにそのような使われ方をしますが、Youでもそのような使われ方をします。youも一般的には「あなた」を指すのですが、文章によっては話している相手ではなくて、一般的な「人」を指す場合があります。これは、今後出てきた時に解説します。

さて、sayの後に何を言ったかの内容を表す節が続きます。節とは主語と述語を持っている文章一部で、句はそれらを持たない単語の集まりです。さて、sayの後に節が来る場合には、I say thatのように、thatがついて、that節が作られると習っているかもしれませんが、通常口語では、sayやthinkの後のthatは省略されています。ここもありませんね。

では、that節の中身、eitherは「どちらか」という意味になりますね。ここの節の主語はa personですね。そして、動詞はhasになりますね。ここのように、ちょっと複雑な節や文章を見て、意味がピンとこない時は、まずはSV、主語述語がどれかを見つけるのがとても大事です。

SVは「人が持っている。」そして、何をの部分にwhat it takes to playと来てますね。これは最初のwhatは関係代名詞のwhatです。

そして、関係代名詞のwhatは先行詞を含んでいる関係代名詞で、the thing(s) whichと置き換えられると習ったかと思います。

知らなかった人はとても大事なので、このサイトの簡単文法の項目を読んでみてください。the thing which it takes to play これでプレイするために必要な何かという意味になりますね。

関係代名詞のwhat、それから不定詞、さらにtakeが「必要とする」という「持っていく」とは違った意味になっているの、ちょっと難易度が高い文かもしれませんね。

では、2行目以降、ここでは時制の違いについてみてみましょう。2行目はwas、3行目はamになっていますね。ここから、メレディスの母は現役でgame、つまり医療現場に従事していないのがわかりますね。

ちょっとここでは取り扱っていないのですが、冒頭のメレディスとデレクの会話でも出てきているように、特定の人を主語(3人称)に持ってきてwasや過去形で表現すると、なくなっている人のことを表現することもできます。

例えば、My wife was beautiful. と言うことで、奥さんは亡くなっているということニュアンスに含めることもできます。

なお、最後の行のon the other handは一方で、screwedはしくじるとか、失敗するとか、そういった意味のスラングです。これはドラマなどでよく出てきます。

目次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。