まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

映画やドラマで英語を学習する方法

もしあなたが英語の基礎力はほぼ完ぺきで、ドラマや映画を完璧にシャドーイングできて、知らない単語や表現などが出てこなければ意味も大体分かるという人ならば、どう学習するかよりも何を学習するかになると思います。

基礎力が出来ている人ならば、映画やドラマを見ながら今までどおりの学習方法を続け、知らない単語や表現が出たら調べると言った程度でしょう。

しかし、もしあなたが基礎力はまだ不十分だけどドラマや映画を見ながら英語の基礎力をつけたいというのであれば、学習に際していくつか留意点があります。

まず、これらのコンテンツはネイティブが普通に使っている言語で構成されており、英語学習用に編集されているわけではありません。

また、当然ながら英語の解説などは一切ついていません。もちろん日本語字幕もありますが、日本語字幕は英語の直訳ではないので、意外に多くの場所で英語の訳とは違う場所があります。

そこで、自分で英語の意味を確認しながら進めることになります。だからこそ、映画やドラマで英語を学習するには、最低限そこで使われている英語の半分以上は自力で意味を把握できるくらいの英語力は必要です。

そのような英語力がない場合は、こちらの教材等を使って学習しましょう。

それから、映画やドラマの中には当然ながら簡単な表現も難しい表現もごっちゃになっています。

難しい表現の中には、中級者以上でも意味が把握できないものも結構あります。

そういったものをじっくり調べていくと学習効率は非常に落ちてしまいます。そこで、ドラマや映画で英語を学習する場合には、軽く調べて分からない文章は思い切ってスキップしましょう。

ドラマの内容などは日本語字幕で分かるので、スキップしてもその後の英語理解にはそれほど影響しません。

これをするとしないとでは、本当に学習効率がかなり違うので、絶対スキップしたほうがよいでしょう。

なお、ここでスキップしたからと言って、ずっとその表現がわからないということはありません。

英語の基礎力をしっかり鍛えていると、今まで分からなかった英語がなぜか分かるようになるということが何度もあります。そうなると、逆になぜ今まで分からなかったのかが分からないという風になるでしょう。

だから、安心して分からないところはどんどん飛ばしていきましょう。分かるところだけ集中的に学習するのが、ドラマや映画を使った学習法の大事な点です。

さて、最後にドラマや映画のセリフスピードは非常に速いです。リスニングCDなどの多くは日本人に聞こえやすいように敢えてゆっくりしゃべったり、聞こえにく省エネ発音などは使わずにしゃべったりしています。

しかし、映画やドラマは当然ネイティブ向けなので、そういった手加減は一切ありません。だから、基礎力がまだ出来ていな人にはほとんど聞きとることは出来ないでしょう。

でも、聞き取れないからと言って、聞き流していてもいつまでたっても英語は聞こえるようにはなりません。

別の場所でも書きましたが、私も過去に6ヶ月も海外のラジオを聞き続け、全く英語ができるようにならなかったことがありましたが、その理由が「聞こえない英語を聞き続けたこと」です。

そこで、映画やドラマでも、「ずっと聞いていればいつか英語ができるようになる」という幻想は捨てましょう。

しっかりセリフを聞きとって、意味を把握して学習を進めていってください。後ほど解説する学習法をしっかりやれば、初期の段階でも結構聞きとることができるようになります。

また、ドラマや映画で学習する際には、あらかじめ発音の学習をしておくとよいと思います。リスニングCDなどはたいして発音の学習をしなくても聞きとれますが、ドラマや映画は発音を知っていると知らないとでは聞き取れる量が全然変わってきます。

コチラの教材で発音を勉強しておけば、初期の段階からかなりバッチリ聞こえるようになるはずです。

さて、以上の事を踏まえて、映画やドラマで英語基礎力をつけていってください。

次へ

告知エリア

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

当サイトが最もオススメする英語教材です。

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。