まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

比較1

AさんよりもBさんのほうが背が高い。私と彼は同じ年。富士山は一番大きな山です。このように、物事を比較する文章は良く使います。

英語でも当然、物事を比較するための文法が存在します。これからその用法をじっくり解説していきましょう。

英語で物事を比べる用法「比較」には、大きく分けて3つの用法があります。

今回はそのうちの1つ「原級」を解説していきましょう。

まずは、こちらの文章を見てください。

He is tall and I am tall.

He is as tall as me.

上の文章は「and」で2つの文章を結んだ、肯定文ですね。彼も背が高いし、私も背が高い。しかし、この文章では、彼と私の背の高さが同じなのか、どちらかがより高いのかが分かりません。そこで、彼と私の背が同じ時にどのように表現すればいいかが2番目です。

1番目の文章で形容詞(補語)が置かれていた場所に、as tall asという言葉が入っていますね。このas〜asで、Aと同じくらい〜なBという意味になります。

2番目の文章では、まさに私と彼は同じ背の高さだということになりますね。

他にも、年齢が一緒であれば、He is as old as me. です。

また、as asで文章同士をつなぐこともできます。

I don’t care who you are as long as you love me.

この文章は、バックストリートボーイズの歌の歌詞からの一部抜粋ですが、この文章を分解してみると、I don’t care who you are. つまり、あなたがだれであろうと私は気にしない。と You love me. あなたが私を愛する。という2つの文章を as long asという言葉がつないでいますね。ちなみに、as long asで「同じ長さ」ではなく、「○○している限り」と訳します。

この文章を全体をつないで訳すと、あなたが私を愛している限り、私はあなたが誰だろうと気にしない、という意味になりますね。

ちなみに、この文章は、As long as you love me, I don’t care who you are. という順番で書かれることがあります。As asが文章の先頭に来ても意味は変わりませんので、このような文章に出会ってもパニックにならないようにしてくださいね。

最後に、as asの構文を使って、大きさの異なる2つを比べることもできます。

次の文章を見てください。

He is twice as old as I am.

この文章の意味は、彼は私よりも2倍背が高い、という意味です。asasの前にtwice(2倍)という単語を置くことにより、私と彼は同い年ではなく、彼の年齢と、私の年齢の2倍は同じということになります。まあ、小難しく考えず、自然にこのような文章が来たら、A is twice as 〜 as BでAの〜はBの2倍と考えましょう。逆にならないように気をつけてくださいね。

最後に、as asの間に1単語だけではなく、2つ以上の単語が来ることもあります。

例えば、

He shook hands with as many people as time would allow.

彼は時間の許す限り多くの人と握手をしたという意味ですが、この文章のasasの間には、many peopleと来ていますね。このような表現方法もあると覚えておいてください。

なお、今回はかなりasasについて詳しく解説してきましたが、このasas構文のような文章は英語ではとても多くつかわれます。おそらく海外ドラマを見ていれば、1〜2エピソードで必ず1回は出てくるだろう表現です。

たくさん出てくる上に、あまり日本語では使わないような表現なので、このasasは特にたくさん触れて、自然と頭に入ってくるくらいまで慣れてしまいましょう。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。