まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

動名詞・不定詞

不定詞の説明で、不定詞の名詞的用法は、動名詞と同じと説明しましたが、実は厳密に言うと違います。ちょっと難しい説明をすると、動名詞は過去の動作を、不定詞は未来の動作を名詞化するという違いがあります。

まあ、このあたりは、今は忘れてもらって大丈夫です。やはり、たくさんの自然な英語を聞いて、ある時「そういうことか!」とピンと来る時があるはずです。

さて、では難しい文法概念は言ったん忘れて、ルールとしての動名詞と不定詞の違いですが、一部の動詞では、動名詞だけしか、一部の動詞は不定詞だけしか使えないものがあります。また、両方とも使えますが、意味が違ってくるものがあります。この意味が違ってくるものを見比べると、動名詞と不定詞の意味合いの違いもぼんやりと分かってくるかと思います。

まず、動名詞しか使えないもの。

enjoy, avoid, finish, mind, give up, keepなどがあります。

I enjoy watching the movie. → 映画を見ることを楽しんだ。

I finish studying. → 勉強を終えた。

Do you mind taking me home? → 家に連れて行ってもらってもいいかな?

例えば、1番目の文章をI enjoy to watch the movieとしてしまったら、文法的に間違いです。ちょっと違和感のある英語になってしまうので、注意しましょう。

次に不定詞しか使えないもの。

want, decide, hope, afford, agree, expectなどがあります。

例文を見てみましょう。

I want to meet her. → 彼女に会いたい

I decided to study English. → 英語を勉強すると決めた。

I can’t afford to buy this bag. → このバックは高すぎて買えない

Do you expect me to tell you the truth. → 俺が真実を言うと思っているのか?

これらの動詞で動名詞を使うのは間違いで、例えば、I want meeting herとは言わないので、注意してください。

最後に、両方使うけど意味合いが微妙に異なる動詞です。

stop, remember, forget, tryなどがあります。

これらは例文で見てみましょう。

I stop smoking. → 私はタバコをやめた

I stop to smoke. → 私は立ち止まって煙草を吸った。

I remember to meet her. → 私は忘れずに彼女に会う。

I remember meeting her. → 私は彼女にあったことを思い出した。

I forget to meet her. → 私は彼女に会う約束を忘れた。

I forget meeting her. → 私は彼女にあったことを忘れた。

以上の例文、特にforgetを見てもらえば分かる通り、動名詞は過去の動作を「忘れた」という意味なのに対し、不定詞のほうは、これからすることを「忘れた」という意味になっています。

このことからもわかるとおり、一般的に動名詞は「過去の動作」であるのに対し、不定詞は「これからの動作」という風になります。

だからこそ、wantは動名詞ではなく、不定詞しかつかないのもわかっていただけますでしょうか?また、enjoyは逆に動名詞だけで不定詞はつかないのも納得していただけますね。だって、これからすることを今から楽しめないですから。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。