まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

疑問文2

現在形の部分で、疑問文についても触れましたが、そこでは、yes/noで答えられる疑問形だけでしたね。主語の前にdoやbe動詞を置いて作る疑問文ですが、覚えていますか?

ただ、日本語でもはい/いいえで答えられる疑問文だけではないですよね?

どんな文章がありますか?

上の2行の日本語がまさに、はい/いいえの疑問文とそれ以外の疑問文ですね。

日本語で、明日何をしますか?どこに住んでいますか?あの人はだれ?何時にここを出ますか?などが、はい/いいえで答えられない疑問文ですね。

英語でこのような文章をつくるには、疑問詞というものを使って文章を作っていきます。

疑問詞とは、

What(なに)

Who(だれ)

why(なぜ)

When(いつ)

Where(どこで)

How(どうやって)

などがあります。よく5W1Hなんて言いますが、まさにそれです。

さっそく例文を見ていきましょう。

What are you studying?  → 何を勉強しているの?

Who do you like? → 誰が好き?

Why do you study English? → なぜ英語を勉強するの?

When did you study? → いつ勉強したの?

Where are you going to study English? どこで英語を勉強する?

How did you study English? どうやって英語を勉強したの?

これらの疑問詞をつかった文章では、疑問詞+疑問形の文章で大丈夫です。ただし、WhoとWhatの一部では、ちょっと作り方が変わります。

What struck the pentagon? → ペンタゴンを直撃したのは何?

Who studies English? → 誰が英語を勉強しますか?

このように、主語を訪ねる疑問文の場合は、主語の位置に疑問詞を配置して、後は肯定文と同じ順序になります。ちなみに、疑問詞は三人称単数扱いなので、現在形であれば、動詞にsをつけるのを忘れないように!

答え方は、Bob doseのような簡潔なのでもいいですし、Bob studies English.と答えてもいいでしょう。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。