まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

文型

英語には、5文型といって、英語で誰かに物語を伝えるための基本的な文の形です。よくSVCとか、SVOOとかで表されますが、聞いたことあるでしょうか?

ここでま、とても基本となる3つの形を紹介していきます。ちなみに、SVCとかそういった言葉は文法用語なので、覚える必要はありません。その中身をきっちり把握することが大事です。

SV

とても、基本的で簡単なかたちです。

主語をAとして、「Aは○○する」という単純な文の表し方です。主語と述語しかないですね。

I talk. You walk. He speaks. She cries.

などです。これは簡単ですね。

SVC

この文型は「Aは○○だ」という文の形です。A=○○の場合にこのような形になり、動詞はbe動詞とよばれる、amとかisとかが使われることが多いです。Cは補語と呼ばれます。

日本語で表すと、Aは背が高いとか、Aは20歳ですとか、Aはかっこいいとか、Aは先生ですとか、そういった文型です。

英語で表すと、I am tall. You are 20 years old. He is cool. She is a teacher.

SVO

これは、主語と動詞があり、さらにOという目的語がつく文型です。

日本語で表すと、AはBに○○するとか、Aは△△を○○するとか。Aが行う動作に対して、さらに補足する言葉(目的語)がつく文型のことです。

例文でいうと、

I like you. You have a pen. He plays tennis. We go to Tokyo. They save money.

などのようになります。

左から順にyou a pen tennis Tokyo moneyがそれぞれ目的語のOとなります。

この他にも、SVOCとSVOOがあるのですが、それはまた後ほど説明します。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。