まずこちらからお読みください。

注意!! その学習方法では4年たっても英語は出来るようにならないかもしれません。 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間やっても効果の無かった英語学習法はコチラ

代名詞

文法講座の第1回目は代名詞です。

日本語で代名詞と言うと、自分のことを表すには、私とか、僕とか、自分とか、あたしとか、俺とか、色々ありますね。相手のことを指す場合にも、あなたとか、お前とか、君とか、色々ありますね。

でも、英語の場合は基本的に自分を指すのは「I」しかないし、あなたを指すのは「you」しかありません。

簡単ですね。

そして、このIやYOUは、形が変化して、「私の」とか「私に」とかの意味を表します。

例文で見てみましょう。

I have a pen 私はペンを持っています。

You have my pen あなたは私のペンを持っています。

You like me あなたは私が好きです。

このように、Iも役割によって形がいろいろ変化します。特に英語が全く初めての人は、Iがどこでme(目的格)に変化するのが分かりにくいかもしれませんが、色々な例文をみて慣れていってください。日本語で言うと、「○○は△△を見る」とか「○○は△△が嫌い」とか「○○は△△を知っている」とか、こういった文章の△△の部分は全部目的格に変化します。ちなみに英語でかくと、それぞれYou see me. You hate me. You know me.となります。

以下に代名詞をまとめてみましたので、確認してください。

代名詞 主格 所有格 目的格
Imyme
あなたyouyouryou

彼女
それ
he
she
it
his
her
its
him
her
it
私たちweourus
あなたたちyouyouryou
彼ら・彼女ら・それらtheytheirthem

ちなみに、あなたの複数形、あなたたちもyouとなります。また、he she itは全て複数形ではtheyとなります。

目次へ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。